Home » News » 全国のまちの担い手と繋がり、これからのまちづくりと都市計画のノウハウを共有する『リノベーションまちづくりサミット2017』開催

全国のまちの担い手と繋がり、これからのまちづくりと都市計画のノウハウを共有する『リノベーションまちづくりサミット2017』開催

2017/4/14(金)~2017/4/16(日)の3日間開催する『リノベーションまちづくりサミット 2017』。まちづくりの最前線で活躍するまちの担い手たちが集い、つながり、様々なテーマをもとに、カンファレンス形式でまちづくりの今とこれからを語り合う。

【開催概要】
・日時:2017年4月14日(金)〜16日(日)
・時間: 11〜21時
・会場:3331 Arts Chiyoda
・アクセス:東京メトロ銀座線「末広町」駅4番出口より徒歩1分
・主催:株式会社リノベリング
・ウェブサイト:http://renovaring.com/summit2017/index.html

(去年の内容はこちら→http://renovaring.com/summit2016/
・リノベリングFacebook:https://www.facebook.com/renovaring/(随時更新)

■リノベーションまちづくりとは
2010年に北九州の小倉魚町ではじまったリノベーションまちづくり。
地方都市駅前の中心市街地にある商店街エリアの遊休不動産を活用するリノベーションスクールをエンジンとしながら、次々と狭いエリアにリノベーションプロジェクトを創出。直接的に生み出されたリノベーションプロジェクトは22件、作り出した雇用は新規創業・雇用合わせて445人、商店街の歩行者通行量は3割増加し、魚町サンロード商店街アーケードの撤去と民間不動産活用を契機にして国家戦略特区の指定を受けたストリートは賑わい取り戻した。この取り組みは全国32の都市・地域に広がり、リノベーションスクールの開催は80回以上、卒業生は2,500人に迫る。(http://www.renovationschool.net

d15038-16-212546-7

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。