Home » News » 首都圏各地で多数のイベントに出会える、ビール各社・各団体・飲食店をあげてのビールの祭典 東京ビアウィーク2017開催

首都圏各地で多数のイベントに出会える、ビール各社・各団体・飲食店をあげてのビールの祭典 東京ビアウィーク2017開催

東京ビアウィーク実行委員会は、来る2017年5月27日(土)から6月11日(日)までの16日間、 「東京ビアウィーク2017」を開催する。「東京ビアウィーク」は、東京及び近郊都市の様々な店舗や団体が、自由なアイディアでビールを楽しむイベントをこの時期に集中的に企画・開催し、東京のビールシーンをより盛り上げようという趣旨のイベント。4回目となる今年は会期を16日間と拡大。その開始を盛り上げるキックオフイベントを、様々な文化の最先端発信源である、渋谷区・表参道で5月27日(土)・28日(日)に開催。両会場合わせて100銘柄を超えるビールが集結!ライブパフォーマンスや落語、セミナーやトークショーなど、ビールの魅力や可能性が広がる、多彩なイベントを予定。それを皮切りに、首都圏各所で行われる数々のイベントへと繋がっていく。

テーマは「BEER JUNCTION」。アイデアあふれる多彩なビールやそれを生み出すつくり手、ビールと親和性の高い様々な文化やファン層が、期間中に集中的に交わる「合流地点」となり、新たな魅力の発見と、今後のさらなるビール文化の可能性の広がりへと繋がることを目指す。

【東京ビアウィーク2017 開催概要】

・開催期間: 2017 年5 月27日(土)〜2017 年6月11日(日)
・内容: 上記「東京ビアウィーク」期間中、東京および近郊都市の店舗・地域などでビールに関するイベントが続々開催。
・主催: 東京ビアウィーク実行委員会
・後援:クラフトビア アソシエーション(日本地ビール協会)、全国地ビール醸造者協議会、ジャパンビアソムリエ協会、(一財)日本ベルギービール・プロフェッショナル協会
・協賛ブランド:イオンリカー、伊勢角屋麦酒、いわて蔵ビール、(株)ウィスク・イー、AQ BEVOLUTION、えぞ麦酒、X-LARGE、F.B.JAPON、オラホビール、木内酒造、黄桜株式会社、グースアイランド、クラフトビアーズ、グランドキリン、コエドブルワリー、KOBATSUトレーディング、シメイ、シュピゲラウ・ジャパン、スプリングバレーブルワリー、スワンレイクビール、タップマルシェ、TRANSPORTER、那須高原ビール、日本ビール株式会社、ビア・キャッツ、BC Beer Trading、ブラッセルズ、ブルックリンブルワリー、Far Yeast Brewing、有限会社ファーマーズ、Finally Friday Fukov Hash House Harriers、ブルーマスター、BLUE MOON、
松江ビアへるん、ヤッホーブルーイング、U-MART
(2017年5月9日現在、50音順、敬称略)

<問い合わせ先>
東京ビアウィーク実行委員会
Email: info@beerweek.jp
HP http://beerweek.jp/2017/
Facebook https://www.facebook.com/beerweek.jp
Twitter https://twitter.com/TokyoBeerWeek
Instagram https://www.instagram.com/tokyobeerweek/

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。