Home » News » CP+2022 横浜会場中止、オンラインのみに

CP+2022 横浜会場中止、オンラインのみに

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA )は、 2 月 24 日より 開催を予定していた 「CP +(シーピープラス)2022 」のパシフィコ横浜会場イベント中止を発表。オンライン単独開催となる。

CP+2022 は、コロナ禍の中で 開催するイベントとして 『来場者と出展社の安全・安心』を最重要事項に掲げ、万全な安全対策 を 行う前提で 、パシフィコ横浜会場とオンラインのハイブリッド 開催 に向けた準備を進めてきた。しかし、年明け以来急拡大しているオミクロン株の猛威によって、現在、 感染者や濃厚接触者の急増 、 抗原検査キットの供給逼迫など、 安全なイベント運営に支障をきたす 事態になっていること。現在の感染状況から、2月末までに感染者数が大幅に減少し、安全・安心にイベントを開催できる状態まで回復する可能性 は 低いとし、来場者 、出展関係者 の方々 の心理的不安も考慮して、リアル開催の中止を決定した。CP+のリアル開催は、実施すれば3年ぶりのパシフィコ横浜での開催となるはずだった。

 

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts