今度のポケモンはARなし、よみうりランドで”自然に触れる”「Pokémon WONDER」

 

昆虫採集がポケモンのルーツ

7月17日(土)よみうりランドに新エリア「Pokémon WONDER(ポケモンワンダー)」がオープンする。来年4月3日までの期間で不定期に開催される予定だ。

およそ20年のあいだ手つかずだった4500㎡の森に隠れた、50種を超えるポケモンを探すネイチャーアドベンチャー。「古代の石垣」、「ささやきの竹林」という2つのコースを参加者は最大6人までのグループになって、90分の間に3つのエリアでポケモンを探索する。

参加者は、アトラクションの入口である「リサーチャーロビー」で、クレソ博士からのオリエンテーションとマップを受け取り、リサーチャーとして調査に参加する。
渡されるマップには、ポケモン探しのヒントとなるポケモンの痕跡が記されている。

ポケモンは人の気配を察して逃げてしまうこともあるため、それぞれのエリアには制限時間があり次のエリアに移動するが、何種類見つけたらといったような条件はなく、自分のペースで探索できる。

ポケットモンスターの世界観は原作者の少年時代の昆虫採集。今回のアドベンチャーもスマホでAR体験といったものではなく、草をかき分け木を見上げるなど自然と触れ合う体験をするもの。ポケモンや周りの環境も自然のものからクリエイターが作り出したものを、自然となじむようになっている。

 

自然体験をつくるためクリエイターが集結

エリア公開に先立ち7月1日には記者会見が行われた。

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る