Home » News » オンライン交流ツールRemoがSansanの名刺機能と連携

オンライン交流ツールRemoがSansanの名刺機能と連携

リモート・イベントツール「Remo Conference」を展開するリモ・ジャパン株式会社 は、Sansan株式会社と連携しRemo Conferenceで参加者・参加企業同士がオンライン名刺交換できる機能を搭載することを発表した。

Remo Conferenceは、参加者同士による自由な交流が可能なイベントを、オンラインで開催できるリモート・イベントツール。複数のテーブルが配置された会場をイメージした独自のユーザーインターフェイス(UI)が用いられており、数十人規模のミーティングや懇親会、大規模な展示会まで幅広い種類のイベントをオンライン上で開催でき、さらに参加者同士がテーブル単位で交流できる機能が搭載されている。

今回、Sansan株式会社が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」および名刺アプリ「Eight」と連携したことにより、Remo Coferenceを活用したリモート・イベントにおいて、参加者・参加企業同士がオンライン上で名刺交換ができるようになった。

Remo Conferenceでは、他にもメッセージやホワイトボードなどの、ネットワーキング機能を実装。名刺交換機能の追加により、リアルイベントと同様な
出会いの創出を目指す。

想定される利用シーンは、ウェビナー開催時の参加者との名刺交換、オンラインカンファレンスにて参加者同士の名刺交換、オンライン展示会にて出展企業・来場者間の名刺交換など。

remo-sansan連携 オンラインイベントの交流促進

RemoとSansanの名刺機能の連携でオンラインイベントの交流促進が期待される

Remo Conferenceで開催されるイベントに参加する際、SansanまたはEightのユーザーアカウントがあれば、Remo Conference上でプロフィール情報にオンライン名刺のURLリンクを登録でき、参加者同士がプロフィール上で、Sansan、Eightのオンライン名刺交換できる。オンライン名刺の情報はSansan、Eightのユーザーではなくてもダウンロードが可能。また、スマートフォンを用いた簡単な操作で自身の名刺を撮影して送り返すこともできる。

コロナ禍で懇親会をはじめとするリアルでの交流が難しいなか、オンラインでの出会い創出の可能性が拡がりそうだ。

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts