Home » News » 3年に1度の国際店舗設備・販売促進機材展「EuroShop」、日本からは6社が出展

3年に1度の国際店舗設備・販売促進機材展「EuroShop」、日本からは6社が出展

3年に一度開催される国際店舗設備・販売促進機材展「EuroShop」が2月16日から20日までの5日間、ドイツ・デュッセルドルフで開催される。今回、60ヵ国から約2,300社の出展者や約115,000人の来場者が集まる見込みだ。

16ホールを使用し、次の製品が出展、展示される。

・POPマーケティング
・ブース設営、ライブマーケティング
・リテール技術
・照明
・ビジュアルマーチャンダイジング
・店舗設計、店舗什器、店舗デザイン
・ケータリング・接客用備品
・冷凍・冷蔵システム、エネルギー管理

日本からの出展は、サイトの国別検索によると現在6社。アイアンドティテック株式会社(リテール技術)、株式会社オン・オフインターナショナル(店舗設計、店舗什器、店舗デザイン)、株式会社 パールマネキン(ビジュアルマーチャンダイジング)、TOTAL CASH SYSTEMS(リテール技術)、有限会社ウェルカム(ブース設営、ライブマーケティング)、株式会社 ワークスタジオ(店舗設計、店舗什器、店舗デザイン)。*社名の後ろの( )内は製品カテゴリー。

現在、入場券は公式Ticket Shopで販売中。

1日券 60 ユーロ
2日券 100ユーロ
5日券 150ユーロ

会場アクセスやレストランガイドなどの現地情報については、EuroShop日本語ウエブサイトも用意されている。

樋口陽子

樋口陽子

樋口陽子  月刊イベントマーケティング 編集長 MICE 研究所「イベントは体験提供の場」として、イベント現場で体当たり取材を行っている