Home » News » BtoBマーケティングを学べる教育研修プログラムの提供開始

BtoBマーケティングを学べる教育研修プログラムの提供開始

シンフォニーマーケティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:庭山一郎、以下「シンフォニーマーケティング」)は、グローバルレベルで活躍できるマーケティング人材育成を目指す企業がBtoBマーケティングを学べる機会を提供することを目的とした、教育研修プログラム「Symphony Marketing Master」を独自開発し、1月8日よりサービスの提供を開始した。マーケティングの実務に生かせるスキルやノウハウを体系的に学び習得できる。

シンフォニーマーケティングは、国内外企業500社以上にBtoBマーケティングサービスの提供実績があり、同社代表の庭山一郎氏はマーケティング関連の書籍も多く執筆。初心者向けの「はじめてのマーケティング100問100答」(明日香出版社)、「ノヤン先生のマーケティング学」(翔泳社)、「サラサラ読めるのにジワっとしみる『マーケティング』のきほん」(翔泳社)をはじめ、BtoBに特化した専門書「BtoBのためのマーケティングオートメーション正しい選び方・使い方 日本企業のマーケティングと営業を考える」(翔泳社)、「究極のBtoBマーケティングABM(アカウントベースドマーケティング)」(日経BP社)などがある。今回の教育研修事業の立ち上げは、創立30周年を迎える記念事業の第一弾としている。

プログラムは、同社の社員をプロフェッショナルマーケターに育成するための「マーケター研修制度」をベースに開発したもの。現在のマーケティングスキルを正しく測り、不足している知識や経験を可視化して把握することを目的とした「スキルアセスメント」では、すでにトライアル参加企業のマーケティング担当者の受検結果も蓄積する。これにより他社マーケティング部門とのスキルレベルの比較も可能となっている。また、スキル/レベル別に用意している講義プログラム(Basic以降のプログラムは2020年4月頃より順次リリース予定)では、すべてのプログラムにおいて実践型のワークショップを充実させ、実務に即した内容となる。

Symphony Marketing Masterの概要

マーケティングの成果にコミットする「アウトソーシング事業」、マーケティング人材を育てる「教育研修事業」の両輪によって、創立当初から掲げてきた経営理念「お客様に世界最高のサービスを提供することで、日本のデータベースマーケティングを世界のトップレベルに押し上げる原動力となる」を、これからも実現し続ける、としている。

 

「Symphony Marketing Master」サービス概要

1.アセスメント〈把握する〉

BtoBマーケティングに関する5つのスキルカテゴリーと13のスキル項目から構成されるテストを受検、現在のBtoBマーケティングのスキルを正しく測り、不足している知識や経験を可視化して把握することを目的とする。また、受講後に再度受検することによりスキルの定着率を確認することも可能。受検結果は、レポートとして納品。他社とのマーケティングスキルレベルの比較も可能となっている。

2.講義〈学習する〉

基礎的な概念やフレームワークの解説に加えて、ケーススタディを用いたワークショップを実施。
(Symphony Marketing Master Basicの主な講義内容)

・マーケティングの定義と役割
・マーケティングのフレームワーク
・デマンドジェネレーションとは
・ワークショップ〈BtoBマーケティングの実践〉

3.E-Learninig〈定着させる〉

動画を通じて講義の要点を振り返り、習得した知識を定着させる。

費用/実施期間
(費用)150,000円~/人※2
(実施期間)約1~2ヶ月※3
※2,3 受講する研修プログラムにより費用、実施期間が異なる。詳細は問合せること

当研修プログラムに含まれるもの、成果物

・アセスメント実施、レポート納品
・講義実施
・E-Learningフォローアップ動画公開
・修了証発行
・各種進行管理

▽「Symphony Marketing Master」WEBサイト

https://www.symphony-marketing.co.jp/academy/marketing/

樋口陽子

樋口陽子

樋口陽子  月刊イベントマーケティング 編集長 MICE 研究所「イベントは体験提供の場」として、イベント現場で体当たり取材を行っている