Home » MICE » MICE News » MICE関係者が2020年の飛躍を誓い合う MPI Japan 新春賀詞交歓会

MICE関係者が2020年の飛躍を誓い合う MPI Japan 新春賀詞交歓会

ミーティングプランナーが加盟する国際団体MPIの日本支部MPI Japan Chapterが1月10日、Place of Tokyoで「MPI2020年新春賀詞交換会」を開催した。

全国各地から多数の会員が参加したほか、観光庁や日本政府観光局の各自治体のMICE担当者、ホテルや航空会社からも多数が参加し、100人を超える参加者が集まった。

開会の挨拶で安田弓会長は、五輪やメガスポーツイベントの開催、IRの設置など、これまでに以上に海外のプランナーからの注目が集まっていることを自身の体験を踏まえて説明。またJapan Chapterが会員継続率(Retention Rate)で表彰されたことについては、「これまで地道に活動してきたことが顕在化しただけ。今後は他の支部同様本部から高い期待を寄せられる」とし、近年続いていた日本での会費優遇が再考される可能性もしめした。安田会長は1月1日付けでMPIの社会貢献活動の委員にも任命されるなど、Japan Chapterのプレゼンス向上へのさらなる活動が期待される。

MPI会長・CEOのPaul Van DeVender (ポール・バン・デベンダー)氏とJapan Chapterの運営を支援しているMPI本部のChapter Operation DirectorのFederico Toja(フェデリコ トヤ)氏から 1)2020のビジネスイベントの世界的動向について、2)その中における日本への期待についてメッセージが寄せられた。

MICE関係者が一同に会し、日本のミーティング事業の振興へお互いの協力と研鑽を誓いあった。

 

MPI Japan Chaptre 安田弓 会長はJapan Chapterのプレゼンスが向上していることなどを語った

安田弓会長はJapan Chapterのプレゼンスが向上していることなどを語った

 

乾杯の挨拶はMPI Japan Chapter 名誉会長の山本牧子氏がつとめた

乾杯の挨拶は名誉会長の山本牧子氏がつとめた

 

日本政府観光局(JNTO)から、コンベンション誘致部長や理事などを歴任した小堀守参与が来賓の挨拶

日本政府観光局(JNTO)から、コンベンション誘致部長や理事などを歴任した小堀守参与が来賓の挨拶

 

観光庁からはMICE担当の鈴木専門官(左)と佐藤専門官(右)が来賓あいさつを行った

 

日本コンベンション研究会のメンバーは3月9日(月)、10日(火)富山市で開催する「国際観光コンベンションフォーラム2020 in 富山」への参加。(株)PCOの西田社長就任もMPI会員にお披露目した。

日本コンベンション研究会のメンバーは3月9日(月)、10日(火)富山市で開催する「国際観光コンベンションフォーラム2020 in 富山」への参加。(株)PCOの西田美樹社長(左から2人目)就任もMPI会員にお披露目した。

 

株式会社一家ダイニングプロジェクト The Place of Tokyo 総支配人 鈴木大輔

会場提供の株式会社一家ダイニングプロジェクト The Place of Tokyo 総支配人 鈴木大輔氏が施設の説明を行った

 

おしゃれな会場にはおしゃれなケータリングが似合う。Place of Tokyoのケータリング

おしゃれな会場にはおしゃれなケータリングが似合う。Place of Tokyoのケータリング

 

会場の Place of Tokyoは東京タワーの真向かい。上層階は東京タワーの全景がみれるイベントホールもあり、結婚式場として人気だがMICE需要にも対応している。

会場の Place of Tokyoは東京タワーの真向かい。上層階は東京タワーの全景がみれるイベントホールもあり、結婚式場として人気だがMICE需要にも対応している。

会場の Place of Tokyoは東京タワーの真向かい。上層階は東京タワーの全景がみれるイベントホールもあり、結婚式場として人気だがMICE需要にも対応している。 タクシーでプレイス・オブ・トウキョウというとプリンスホテルに行ってしまう可能性もあるから、そこは要注意。

 

 

 

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。