テレプレゼンスロボット×展示会/国際会議 遠隔地から見せる、参加できる temi リアルとオンラインで活きる イベントの映像 -7

特集:リアルとオンラインで活きる イベントの映像

テレプレゼンスロボット×展示会/国際会議 遠隔地から見せる、参加できる

temi

映像センター イベント映像事業部が今年新たに導入したのは、遠隔地からの映像を届けることのできる「テレプレゼンスロボtemi[テミ」だ。

例えば、展示会やイベントで、会場に持っていけないような商材や、工場や倉庫のような場所の紹介など、temi が動き回って遠隔地で見せることができる。逆に、イベント会場にtemi を置き、遠隔地からの参加に対応することも。

10 月21 日に行われた東京観光財団× UIA(Union ofInternational Associations・国際団体連合) 主催のハイブリッド開催国際会議イベントでは、海外からのゲストスピーカーとして、temi を複数台使ってのパネルディスカッションが行われ、テレプレゼンスの能力を存分に発揮した。イベントの演出・参加に、新しい選択肢となりそうだ。

temi は、移動のスタート/ ゴールの位置を設定し、移動空間を学習。障害物に対してもセンサーが察知しぶつかることなく遠隔操作ができる

テレプレゼンスロボtemi[テ ミ]

← 前の記事 6. AIRR(空中映像)+非接触タッチセンサ 安心して操作ができる

特集「リアルとオンラインで活きる イベントの映像」の他の記事を読む

1. xR +インタラクティブ 疑似体験でなく特別な体験を
シンユニティグループ 長崎 英樹さん
4. 学会 x オンライン 学会に対応する独自システムを開発 
ヒビノメディアテクニカル 中島 義人さん

協賛

サクラインターナショナル株式会社

サクラインターナショナル、東京・大阪に編集・配信スタジオ STUDIO ARUKASがオープン。新しいマーケティングソリューション XMCサービス クロス・マーケティング・クリエイション

西尾レントオール株式会社

ウシオライティング株式会社 クリスティ営業部

CHRISTY_RGB_PURE_LAZER_Projector

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る