Home » News » 工芸、まち、食の魅力を発信 大型工芸フェスティバル「金沢21世紀工芸祭」10月14日(土)スタート

工芸、まち、食の魅力を発信 大型工芸フェスティバル「金沢21世紀工芸祭」10月14日(土)スタート

ユネスコのクラフト創造都市・石川県金沢市を舞台に開催する「金沢21世紀工芸祭」が10月14日(土)からスタートする。開催2回目となる今年は「工芸を遊ぼう。」をメインテーマに、ワークショップや展示など計122プログラムを実施。11月26日(日)までの2ヶ月にわたり、金沢の工芸とまちの魅力を発信する。

金沢21世紀工芸祭公式サイト: http://21c-kogei.jp/

<金沢21世紀工芸祭とは>
クラフト分野で認定を受けたユネスコ創造都市・金沢市が開催する工芸の振興・発信イベント。これまで個別開催されていた工芸イベントを集結し、新たなコンテンツを加えて、2016年に初開催。今回は、2018年、金沢市が開催予定の「東アジア文化都市2018金沢」のプレイベントとして、さまざまな工芸の多様性・可能性を提示予定。

<金沢21世紀工芸祭を彩る8つのメインコンテンツ>
【趣膳食彩】10月14日(土)~11月26日(日)開催
「つくる」を生業とする料理人と工芸作家が真摯に向き合い、食と工芸の素晴らしさを五感で味わうプレミアムな世界をつくり出す。江戸期の金沢の町人・梅田甚三久による日記をひもとき、歴史に思いを馳せながら「野掛け振る舞い(=ピクニック)」を行うプログラム「『梅田日記』とともに幕末の金澤をめぐる」や、石川・富山・福井の北陸3県の料理人がコラボレーションする「理~コトワリ~」など合計9プログラムを実施。

<開催概要>
名称     :金沢21世紀工芸祭
会期     :2017年10月14日(土)~2017年11月26日(日)
総プログラム数:122(趣膳食彩:9、工芸回廊:33、金沢みらい茶会:7、金沢みらい工芸部:14、「工芸建築」展:2、金沢アートスペースリンク:55、国際工芸シンポジウム金沢:1、KOGEIトーク:1)
場所     :金沢市及び近郊
主催     :金沢創造都市推進委員会/金沢市
共催     :公益社団法人金沢青年会議所/認定NPO法人趣都金澤/NPO法人金沢アートグミ
特別協力   :北國新聞社
事務局    :金沢21世紀工芸祭実行委員会(株式会社ノエチカ内)金沢市下本多町六番丁40-1
info@21c-kogei.jp

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。