The Office of CHTF Organizing Committee 第19回CHTF開幕

第19回China Hi-Tech Fair (CHTF、中国ハイテク見本市)が11月16-21日、中国広東省深センのShenzhen Convention & Exhibition Centerで開催される。テーマは「Innovation-Driven Development & Supply Quality Upgrade(イノベーションドリブン開発&供給品質アップグレード)」。

総展示面積は約12万平方メートル。30カ国・地域からの1万以上のプログラムを抱えた3000の出展者を収容し、訪問者数は延べ50万人を見込んでいる。このほか、80カ国超からの多くの企業、200の内外メディアが来場する。情報技術、省エネルギー、環境保護、新エネルギー、グリーンビルディング、光電子工学ディスプレー、先端製造技術、スマートシティー、航空宇宙&航空技術、ハイエンド・インテリジェントロボットの産業が重要視されている中、CHTFは、展示、貿易商談、フォーラム、ハイレベルドッキング、情報リリース、メーカー活動など、さまざまな活動を主催する。

特に、アルゼンチン、オーストラリア、チェコ共和国、ドイツ、ロシア、英国、欧州連合(EU)諸国など、参加国30カ国のうち27カ国が「一帯一路」構想に沿った国々である。CHTF開催期間中には、例えばフォーラム、サロン、テクノロジー会議など、内容や形において豊富な200の活動が行われる。ゲストスピーカーである70人超の外国高官、有名な学者、起業家、ノーベル賞受賞者が出席し、スピーチを行う。CHTFは、プロジェクトファイナンス訓練セッション、プロジェクトファイナンス・ロードショー、ビジネス・マッチメイキング、海外バイヤー調達会議、メーカー活動、およびトップ10の製品選択アクティビティーなどの活動を組織する。

▽CHTFについて
CHTFは毎年、11月16日-21日にShenzhen Convention & Exhibition Centerで開催される。CHTFは18年間成功してきた見本市で、多くの産業、とりわけハイテク産業に世界的な影響を及ぼす重要なプラットフォームへと徐々に発展してきた。昨年の出展者からの反響によると、満足度は90%以上で、この見本市を高く評価した。CHTFは、中国の主要な科学技術見本市として、内外の政府部局、ビジネス出展者、メディアから強力な支援と熱烈な関心を得てきた。

http://www.chtf.com/

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る