Home » News » 展示会の新しいカタチ「VR下水道展」まもなく開催 日本初のリアルとネットの同時開催を下水道展’18北九州で実現

展示会の新しいカタチ「VR下水道展」まもなく開催 日本初のリアルとネットの同時開催を下水道展’18北九州で実現

公益社団法人日本下水道協会(理事長 岡久 宏史)は、2018年7月24日(火)から開催される「下水道展’18北九州」(主催:公益社団法人日本下水道協会)で、会場全体を360度VR映像で撮影し、展示会をまるごとネット上に再現する「VR下水道展」を、リアルな展示会と同時に開催する。(協力:グローブコム株式会社〔代表取締役 中村 賢司〕)。
■VR下水道展の特徴
「VR下水道展」は、大規模展示会では日本初となるリアルとネットの同時開催として、リアルな展示会と同日同時刻にネット上にオープン。「VR下水道展」は、展示会場全体をGoogleストリートビューのようにVR映像化し、パソコンでもスマホでも、いつでもどこでも下水道展の様子をご覧頂く事が出来るサービス。また、下水道展の公式出展ガイドである「ガイドブック電子版」と連動し、「VR下水道展」内の情報提供を強化し、単に「会場の様子」を見るだけでなく、より立体的に出展概要を確認できるように開発している。さらに、会場マップとの連動で、「VR下水道展」で見ているシーンが、会場のどの位置かを確認ができ「VR迷子」を解消できるように工夫されている。「VR下水道展」は会期当日から翌月末まで公開を予定。

【インフォメーション】
「VR下水道展」開催概要
オープン:2018年7月24(火) 午前10時30分から
クローズ:2018年8月31(金) 午後 6時00分まで
URL:https://vr.gesuidouten.jp/2018/

VR下水道展のデモ版はこちら  https://gesuidouten.jmesse.com/vrdemo/

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。