Home » News » 【祝・大阪万博決定】さまざまな分野の日頃のものづくりを発表し、交流するものづくり博覧祭「つくろか!」12月22日、23日 大阪市立中央図書館で開催【大阪府後援】

【祝・大阪万博決定】さまざまな分野の日頃のものづくりを発表し、交流するものづくり博覧祭「つくろか!」12月22日、23日 大阪市立中央図書館で開催【大阪府後援】

2025年日本万国博覧会(万博)の開催が決まり、万博開催に向けて、関西の産官民学が一体となり、組織の枠を超えた新しい取り組みとして、企業・学校・コミュニティ・クリエーター・アーティストらの自主制作物を一般の方が体験して頂ける無料イベント「つくろか!」が、12月22日、23日に「大阪市立中央図書館」(大阪市西区北堀江4-3-2)で開催される。

【日時】
2018年12月22日(土) 11:00〜16:30
2018年12月23日(日) 10:00〜16:00

【会場】
大阪市立中央図書館(大阪市西区北堀江4-3-2)5階

【イベント詳細】
http://tsukuroka.org/

【入場料】
無料

【ハッシュタグ】
#つくろか
#大阪万博XR

【実施主体】
主催:つくろか実行委員会
共催:大阪市立中央図書館
後援:大阪府
協力:つくると実行委員会、つくるけぇ実行委員会、つくるよ実行委員会、ピノー株式会社、アマダマングラフィカ、design room re-jume、チームタナゴ、ワンダーラスト、共立電子産業株式会社、GONENGO LLC
後援:IoT ALGYAN(あるじゃん)
講演(2本):日本マイクロソフト株式会社技術統括室CSO・河野省二氏、大阪芸術大学アートサイエンス学科准教授・平原真氏
企画(4本):ロボットプロレス、ファブトーク、「つくると、つくるけぇ、つくろか、(つくるよ)」トークセッション、つくるば
ワークショップ(5本):ばらそか!、テクノ図工部、大阪駆動開発「eアートの世界と最新デバイスの体験(VR x MR x スマートスピーカー x パワーボール x VTuber)」、ビスケットでクリスマスの景色をつくろか!、川森さんのレゴの塔
展示(45ブース):ロボットバンド、れるん、ハードウェアとか研究所、RoboRatch 研究会、つくるけぇ実行委員会、奈良キカイケン、谷6Fab、デジもく会、からくり探検部、Assistanceグループ、さこっちょ・奇想ものづくり、drao、デジもく和歌山.rb、IoT ALGYAN 香川支部、ikkei、つくれば工房、PLENProject、たんく、YUTO、テクノ図工部、京都産業大学 デザイン&デジタルファブリケーション研究室、kuralab@大阪電気通信大学、61ken、コンパスパンダ、FanFar工房、チームばんび、こじま@fablab kitakagaya、坂ノ下 勝幸、かしわぎ@ファブラボ北加賀屋、F.A.B、羽ばたき飛行機製作工房、大阪駆動開発、OMLIN学び隊、dominoTECH、design room re-jume、つくると実行委員会、Dr.leonardo laboratory、たなごころ、ファブラボ神戸β、ヒトサンマルマル、大阪市立生野工業高等学校 機械工作部、クローバークラブ、テックス助っ人チーム(TEQSQET)、呉工業高等専門学校、Kawamori Craft (川森 真吾)

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。