Home » News » がんとの共生社会を目指す「ネクストリボン」2月4日にイベント開催

がんとの共生社会を目指す「ネクストリボン」2月4日にイベント開催

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、公益財団法人日本対がん協会とともに、ワールドキャンサーデー(世界対がんデー)の2月4日(月)に、がんとの共生社会を目指す「ネクストリボン2019」を東京都千代田区の有楽町朝日ホールで開催する。朝日新聞社140周年ならびに、日本対がん協会60周年の記念プロジェクト。

イベント概要 2019年2月4日(月)東京・有楽町朝日ホール

第1部:シンポジウム 13:00~16:00(開場12:30)
がんとの共生社会を目指して ~企業の対策最前線とこれからの働き方~
■基調講演(13:05~13:25) 「見えてきた企業がん就労対策、乗り越えるべき3つの壁」
高橋 都氏(国立研究開発法人 国立がん研究センターがん対策情報センター がんサバイバーシップ支援部長)
■講演(13:25~13:45) 「ステージ4でも治療と仕事を3年間両立できている理由」
御園生 泰明氏(株式会社電通 第21ビジネスプロデュース局 ビジネスプロデュース部 部長LAVENDER RING 発起人)
■リレープレゼン(13:45~14:15) 「企業がん対策最前線」
藤田 直志氏(日本航空株式会社 代表取締役副社長執行役員 健康経営責任者)
竹田 敬治氏(テルモ株式会社 人事部長)
櫻井 公恵氏(株式会社櫻井謙二商店 代表取締役社長)
■パネルディスカッション(14:30~16:00)「がんとの共生社会を目指して」
※コーディネーター 上野創(朝日新聞社 東京本社社会部教育チーム記者)

第2部トークイベント18:30~20:30(開場18:00)
がんについて語ろう 「がんとともに生きる、寄り添う」
■岸田徹氏(NPO法人がんノート代表理事)  「Think Big! 今日1日を大切に」
■対談 聞き手:向井 亜紀氏(タレント)
・矢方 美紀氏(タレント、元SKE48) 「やるしかない! 次のステップへ一歩一歩」
・濱松 誠氏(ONE JAPAN 共同発起人・代表) 「がんがつないでくれた縁」
・古村 比呂氏(女優) 「再々発告白から1年、がんが教えてくれた○○のこと」
■木山 裕策氏(歌手・会社員) 「がんが、自分の生き方と向き合うきっかけになった」
※ネクストリボンプロジェクトのために書きおろした楽曲も初披露

【申し込み】下記リンクから応募フォーム記入
http://www.asahi.com/ad/nextribbon/event/?cid=NR_prtimes
参加費 :無料
締め切り:2019年1月16日(水)
定 員 :各600名

【問い合わせ】
ネクストリボンプロジェクト事務局
TEL:03-6869-9001 (平日10~17時)

【主催】公益財団法人 日本対がん協会、株式会社朝日新聞社
【後援】ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社、厚生労働省、経済産業省

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。