Home » News » 日本介護協会が、リードと共催で「第八回 介護甲子園【決勝大会】」開催

日本介護協会が、リードと共催で「第八回 介護甲子園【決勝大会】」開催

リード エグジビション ジャパン株式会社(本社:新宿区西新宿/代表取締役社長:石積 忠夫)は、2019年2月20日(水)から3日間、インテックス大阪にて「第5回 介護&看護 EXPO 【大阪】」を開催、会場内にて21日(木)、「第八回 介護甲子園【決勝大会】」【主催:(一社)日本介護協会/共催:リード エグジビション ジャパン(株)】を開催する。

  • 日本最大級の介護コンテスト 介護甲子園

介護甲子園は各事業所が取り組みを発表、投票により日本一を決める日本最大級の介護コンテスト。多くの介護職の人たちが、志や希望を持って介護という世界に入ってくる一方、介護職に就く4名に1名が1年間で離職してしまう事実も…。人材不足が深刻な中、人材育成や介護職の職位向上、介護職のイメージアップを目的に、事業所で働く介護職同士をつなげ、崇高さという誇りや、各事業所の取り組みを共有。介護業界で働いている人が夢を持ち、働く人々が最高に輝ける場を目指し立ち上げたのが「介護甲子園」。「第八回 介護甲子園」は、過去最多7,218の介護事業所が、全国各地よりエントリーし、各事業所が取り組んでいるオリジナルの“工夫・事例”を発表、予選を勝ち抜いた6事業所が競演。会場内で全観戦者が投票し、日本一を決定する。

「介護甲子園」を観戦することで
● 介護利用者が 活き活き過ごせる工夫 
● 職員のモチベーション向上や定着率UPの秘訣
● 今、地域で求められる介護事業とは
● 介護職としての働く喜びを再認識させる事例
● 介護という仕事に誇りをもつきっかけづくり
● 将来のキャリア像の具体化

介護甲子園の詳細・観戦申込はこちら≫ https://www.medical-jpn.jp/koshien/

「第5回 介護&看護 EXPO [大阪]」 もあわせて来場可

「第5回 介護&看護EXPO【大阪】」には、介護・看護・福祉向けウェア、ベッド、IT、衛生用品や、施設メンテナンス、血圧計などのヘルスケア機器、リハビリ用品、介護ロボット、見守りシステム、保険外サービス、フランチャイズなどが出展。老健や特養、有料老人ホームなど介護事業者の理事長、施設長、事務長のほか、介護職員、看護師、リハビリ医、理学療法士、作業療法士など全国から3万名が来場。

≪主催:リード エグジビション ジャパン株式会社  介護&看護EXPO事務局≫
◆招待券(無料)請求は⇒  https://www.medical-jpn.jp/ns_inv
(招待券がない場合、入場料 ¥5000/人)

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。