Home » News » リノベーション・オブ・ザ・イヤー2015 最終審査発表会・授賞式を開催

リノベーション・オブ・ザ・イヤー2015 最終審査発表会・授賞式を開催

一般社団法人リノベーション住宅推進協議会(東京都渋谷区、会長:内山博文)は、会員企業のエントリー作品から2015年を代表する魅力的なリノベーション事例を選ぶコンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2015」を開催する。当協議会会員各社のエントリー作品よりSNSを活用した一般投票にて選ばれた48作品から、グランプリ・各部門最優秀作品賞・審査員賞の発表・授賞式を行う。

d8586-22-911484-2

「リノベーション・オブ・ザ・イヤ―2015」

リノベーションの楽しさ・魅力・可能性にフォーカスしつつ、消費者に関心の高い施工費(500万円未満、800万円未満、800万円以上、無差別級)で事例を分類しノミネート作品を選出。ノミネート作品はSNSを活用し消費者の声を取り入れて決定。最終選考は、業界新聞や雑誌など住宅系メディアの編集長からなる選考委員(選考委員長:リノベーション住宅推進協議会プロモーション委員会委員長 島原万丈)が審査を行う。ノミネート作品は10月31日(土)~11月8日(日)に開催される「リノベーションEXPO JAPAN 2015」の首都圏(東京・横浜)会場にて展示。最終日(11/8)の最終審査発表会・授賞式はEXPOのクロージングパーティをかね、各メディアの審査員よりグランプリ、部門グランプリに輝いた各社の表彰する。

<開催概要>

■選考委員:選考委員長:島原 万丈(リノベーション住宅推進協議会 プロモーション委員会委員長)
選考委員(五十音順・敬称略):
安達 功 / 日経BP社 建設局プロデューサー
池本 洋一 / SUUMO編集長(リクルート住まいカンパニー)
君島 喜美子 / リライフプラス 編集者(扶桑社)
坂本 二郎 / LIVES編集長(第一プログレス)
指出 一正 / 月刊「ソトコト」編集長(木楽舎)
徳島 久輝 / iemoコントリビューター(iemo)
八久保 誠子 / HOME’S PRESS 編集部 編集長(ネクスト)

■ スケジュール:SNS一般投票期間:9/8(火)~10/7(水)
ノミネート作品WEB公開:10/10(土)

■ 作品展示:
「リノベーションEXPO JAPAN 2015」の会場にて、ノミネート作品を展示。
・展示期間:10月31日(土)~11月8日(日)11:00~19:00
・場所:横浜会場(BUKATSUDO:横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザB1)
青山会場(polygon青山:港区北青山3-5-14 青山鈴木硝子ビルB1)

■ 最終審査発表会・講評会:
・日時:11/8(日) 19:00〜
・会場:青山会場(polygon青山:港区北青山3-5-14 青山鈴木硝子ビルB1)

■ 詳細は公式サイト:
http://www.renovation.or.jp/expo/oftheyear/

「リノベーション EXPO JAPAN 2015」とは

2010年より「『見て、聞いて、学ぶ』リノベーション」をテーマに、セミナーや講演会、リノベーション現場見学会、パーティなどを全国各地で開催するイベント。今年で6年目を迎え、全国で9月から順次開催中。
http://www.renovation.or.jp/expo/

一般社団法人リノベーション住宅推進協議会について
消費者が安心して既存住宅を選べる市場をつくり、既存住宅の流通を活性化させることを目的に、2009年7月に発足したリノベーション業界団体。現在、業界・業種の枠を超えた570社(正会員405社、賛助会員149社、特別会員4名9法人3自治体、2015年9月11日現在)が参画し、優良なリノベーションの統一規格「適合リノベーション住宅」を定め、建物タイプ別に品質基準を設定、普及浸透を推進している。区分所有マンション専有部に関する品質基準を満たす「R1住宅(アールワンジュウタク)」、区分所有マンション共用部も含む品質基準「R3住宅(アールスリージュウタク)」、戸建住宅の品質基準「R5住宅(アールファイブジュウタク)」が運用されており、適合リノベーション住宅発行件数は累計21,420件(2015年9月11日現在)。
http://www.renovation.or.jp/

名称:一般社団法人リノベーション住宅推進協議会
会長:内山 博文
設立:平成21年5月20日
住所:東京都渋谷区渋谷2-12-19

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。