日本の伝統文化×マカオの観光 大規模複合イベント「CONTEMPO: マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバル」を初開催

CONTEMPO: マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバル

マカオから、日本のアート・伝統文化を世界へ発信するイベント「CONTEMPO: マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバル」が2月1日から3月30日までの2ヶ月間、マカオ特別行政区で初開催される。

マカオにおいて毎春開催される予定で、マカオと日本の友好関係を祝し文化的な架け橋となることを目的として企画されたもの。日本の伝統文化×マカオの観光を組み合わせた前例のない大規模複合イベントとなる。

「CONTEMPO:マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバル」では、日本の有名アイドルグループ、有名ギャラリーのユニークな現代アートコレクション、ミシュラン3つ星レストランの京懐石、京都の魅惑的な文化遺産を一堂に集め、参加者には日本の有名企業ブランド、ビジネス、投資家、コレクターの代表者を招待し、多くの日本人観光客がこの文化の饗宴を体験することを目指す。

2024年2月1日予定のオープニング・セレモニーには、日本政府観光局や京都府、企業の代表者、京懐石の専門家、アートコレクター、ベテラン投資家などが出席し、マカオの多文化主義の魅力を世界に発信する。

開催関係者のコメントは以下の通り。

マカオ政府観光局(MGTO)の Helena de Senna Fernandes 局長:

「2024年の『CONTEMPO:マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバル』がマカオで開催されることを大変楽しみにしています。日本は世界でも人気のある観光地であり、このイベントは2月にマカオで開催され、2ヶ月間にわたって様々な展示会、パフォーマンス、文化体験、料理イベントなどが行われます。日本文化が好きな地元住民や観光客を魅了すると思います。また、このイベントはマカオの「観光+コンベンション&展示会」の要素を充実させ、参加者は大規模なフェスティバル展示会の雰囲気を体験することができます。今年、MGTOは国際観光市場を積極的に開拓しており、『CONTEMPO:マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバル』は、日本とマカオの観光資源の交流と相互理解を促進し、将来的には、宣伝とプロモーション、観光交流を強化、促進し、訪問者の多様性を広げる事にも貢献すると考えています」

Sands China Ltd.の社長であるWilfred Wong社長:

「サンズ・チャイナは、カジノゲーム以外の要素を促進し、地元の文化と観光の融合を促進することで、観光とレジャーの世界的な中心地としてのマカオの発展を支援することに専念しています。その意味で、マカオ特別行政区政府の『観光+』政策を推進し、第1回マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバルを共同で開催できることを嬉しく思います。サンズ・チャイナの卓越した会場施設と多様なリソースを活用することで、マカオが卓越した “美食の創造都市”、そして活気あふれる “舞台芸術の都市 “としての地位を高める一助となることを目指しています」。

マカオ・ビール社のCharles Choy共同会長:

「両地域の文化的融合と経済的パートナーシップの祭典です」

渡文株式会社(京都で117年の歴史を持つブランド)の渡邉博司氏:

「私たちのコレクションが京都とマカオの文化交流と観光協力に貢献できることを嬉しく思います」

吉川染匠株式会社(140年の歴史を持つ京都の着物ブランド)の吉川博也氏:

「京都は千年の都であり、その歴史と美しい自然から生まれました。マカオと京都の美を世界に発信していきたいです」

gallery UGのオーナー佐々木栄一朗氏:

「日本のコンテンポラリーギャラリー初のマカオ支店をオープンし、マカオからアジア諸国、そして世界へUGアートを発信していきます」

瓢亭(創業450年、ミシュラン3つ星の京料理店):

「京料理は日本を代表する郷土料理であり、器や盛り付けなど日本の美意識を結集し、季節を五感で満喫できるおもてなしの料理です」

株式会社TWIN PLANETのCEO 矢嶋健二氏:

「エンターテインメントという架け橋で日本とマカオがつながることを楽しですみにしています」

Silk Entertainment 共同会長兼CEOのAdrian Ngan氏:

「私たちは、日本の魅力的な文化とマカオのグローバルな舞台を融合させ、世界中の観光客を魅了するためにCONTEMPOを設立しました」

チケットは、公式ウェブサイト、中国国際旅行社(CITS)、またはコタイチケット社から直接購入できます。

Official website: https://contempo-official.com/

CITS: https://m.citsmacao.com/m/#/goods/tpl_v2?id=48882

Cotai Ticketing社: https://www.cotaiticketing.com/

CONTEMPO: マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバル2024開催スケジュール

CONTEMPO: マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバル
2024開催スケジュール

▼参考情報

1. 吉川博也は創業140年の家業である吉川染匠の四代目として10年間の修行を経てのれん分けを許され、現在に至る。宮崎友禅斎が広めた技法京友禅。元禄より続くその技法をそのままに用いて艶をテーマに制作。​京友禅特有の糸目による繊細な線、金銀箔の華やかさ、鮮やかな色彩により本格的な染色アートとして発表している。 日本の芸能界や俳優界の著名人、結婚式や国際的な指導者の会合で選ばれている着物ブランド。

京都の着物​

京都の着物​

京都の着物​

京都の着物​

 

2. 野原 邦彦は「木を彫るスピードが、自分のイメージするものを生み出すスピードに一番しっくり来た。」 ​記憶の中の世界。定着しない浮遊感。ふわふわとした記憶の曖昧さ。そして永遠に残るものではなく、ふと消えていくような感覚。抽象的な感覚やイメージを一貫して表現している作家。

Sands gallery,-日本の著名現代作家6名によるgallery UG作品の展示

Sands galleryにて行われる「日本の著名現代作家6名によるgallery UG作品の展示」野原邦彦氏

Sands gallery,-日本の著名現代作家6名によるgallery UG作品の展示

野原邦彦氏の作品

Sands gallery,-日本の著名現代作家6名によるgallery UG作品の展示

野原邦彦氏の作品

 

3.「瓢亭」(HYOTEI)は、4世紀(400年)の歴史を持つ有名で特別な “日本懐石 “レストラン。場所は京都の有名な「南禅寺」に近い。2009年以来、毎年ミシュランの3つ星を獲得しています。現在の料理長と店長は15代目の子孫であり、京都料理組合の組合長でもある。

 "日本懐石 "レストラン「瓢亭」(HYOTEI)

“日本懐石 “レストラン「瓢亭」(HYOTEI)

 

4. 「渡文」(WATABUN)のミュージアム「織成舘」(ORINASUKAN)は、西陣織建屋で日本各地の手織物や時代衣装、絢爛豪華な復原能装束を展示する、京都でも有名な着物ミュージアム。能装束は西陣織の芸術性と高度な技術で受け継がれてきた装束で、唐織、厚板、長絹を鑑賞できるほか、織物工場の見学や手織り体験などが楽しめる。

「渡文」(WATABUN)のミュージアム「織成舘」(ORINASUKAN)では、西陣織建屋で日本各地の手織物や時代衣装、絢爛豪華な復原能装束を展示

「渡文」(WATABUN)のミュージアム「織成舘」(ORINASUKAN)では、西陣織建屋で日本各地の手織物や時代衣装、絢爛豪華な復原能装束を展示

 

5.「高嶺のなでしこ」 2022年7月10日に東京で結成されたアイドルグループで、平均年齢18.5歳の女性メンバー10人編成。2022年10月16日にシングル「アンチファン」で正式デビュー。最近、このガールズ・グループの1曲を世界中で1億人以上が視聴し、日本のエンターテインメント・メディアは2024年に最も期待する「日本一のガールズ・グループ」に選出している。

アイドルグループ「高嶺のなでしこ」

アイドルグループ「高嶺のなでしこ」

 

6. gallery UG:野原邦彦氏ら現代アートの第一人者たちのギャラリーを運営。現代アートの充実と拡大を目指して、アーティストを発掘、ブランディングなどの育成をしながら、現在では野原邦彦ら約30人のアーティストを抱えるギャラリーに成長。日本橋馬喰町、天王洲のギャラリー運営のほか、2023年にはマカオに法人を設立、マカオ政府とともにアートコンテンツの充実を目指している。

野原邦彦氏の作品

野原邦彦氏の作品

 

7. 「可憐なアイボリー」 日本のオーディションで3,167人の応募者の中から勝ち抜いた9人組ガールズアイドルグループ 。関連動画の再生回数が10億回を超えるクリエイターユニットHoneyWorksがサウンドプロデューサーを務めて、アイドルの常識を打ち破る新しいアイドルグループを目指している。

 

■他参加アーティスト

岡田 菜美、川平 遼佑、田島 享央己、戸泉 恵徳

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る