Home » News » 美酒を求めて冬の酒蔵めぐりハイキング! 開催

美酒を求めて冬の酒蔵めぐりハイキング! 開催

滋賀県は、ガイドの案内で周辺の魅力あふれる観光地をめぐりながら滋賀県内にある蔵元を歩いてまわり地酒の試飲が楽しめるハイキングを、平成28年の1月29日(金)、2月11日(祝・木)、3月26日(土)、3月27日(日)の4日間で計6コースを企画、開催する。滋賀県は、古くから交通の要衝として知られ、近江商人が築きあげてきた歴史があり、米作りに適した肥沃な大地と琵琶湖を取り囲む山々から流れくる豊富な伏流水が湧いていることから、今でも37の酒蔵が現存し様々な名酒が育まれてきた。今回は、そんな蔵元を新酒が出来上がる季節に訪ね歩き、酒蔵見学や搾りたての日本酒を試飲できることはもちろん、地元のおもてなしや周辺にある魅力的な観光地も同時に楽しめる欲張りなプランとなっている。また、参加者にプレゼントをご用意しているコースや予約不要、参加費無料のコースも。

≪「冬の酒蔵巡りハイキング」概要≫
①「冬の酒蔵巡り」 石部駅スタートコース<予約不要・無料>
【日 程】2月11日(祝・木)JR草津線「石部駅」10:15~11:00集合(解散14:45頃)
②「冬の酒蔵巡り」 甲西駅スタートコース<予約不要・無料>
【日 程】2月11日(祝・木)JR草津線「甲西駅」11:15~12:00集合(解散15:40頃)
③「冬の酒蔵めぐり」三雲駅スタートコース<予約不要・参加費500円>
【日 程】2月11日(祝・木)JR草津線「三雲駅」9:30集合(解散15:30頃)

上記①~③共通
【訪れる酒蔵】竹内酒造(代表銘柄「香の泉」「唯々」など)、
北島酒造(代表銘柄「御代栄」など)
【内 容】今年6回目を迎える、予約不要の毎年大人気コース。竹内酒造の年に一度の蔵開きに合わせて行われる。参加者には蔵元ロゴ入りお猪口もプレゼント(③は先着順)。2つの酒蔵の飲み比べができる。
【問合先】
①②(一社)湖南市観光協会0748-71-2157  湖南市都市政策課0748-71-2336
③NPO法人滋賀県ウォーキング協会077-587-6159

④「愛荘町の酒蔵と伝統産業を訪ねるウォーク」<要予約・参加費500円>
【日 程】1月29日(金)JR琵琶湖線「稲枝駅」9:00集合(解散16:30頃)
【訪れる酒蔵】蔵元藤居本家(代表銘柄「旭日」「渡船」など)
【内 容】酒蔵だけでなく、麻や太鼓の伝統工芸やUCC滋賀工場の工場見学もできるコース。地元のおもてなしやお昼の弁当付き!
【問合・予約先】愛荘町商工観光課0749-37-8057(電話でお申し込み下さい。先着50名様)

⑤「宿場ウォーク 東海道水口宿の歴史と酒蔵見学」<要予約・参加費100円>
【日 程】3月26日(土)近江鉄道「水口石橋駅」(JR最寄り駅:草津線「貴生川駅」)10:40集合(解散16:00頃)
【訪れる酒蔵】美冨久酒造(代表銘柄「美冨久」など)
【内 容】酒蔵では新酒が試飲できる。東海道の街道をたどり、映画やドラマのロケ地としてもしばしば使われる水口城にも立ち寄る、歴史好きも大満足のコース。

⑥「甲賀の地酒でちょっといっぷく 観音の里を歩こう」<要予約・参加費300円>
【日 程】3月27日(日)JR草津線「甲賀駅」10:00(解散15:00頃)
【訪れる酒蔵】田中酒造(代表銘柄「春の峰」「楓葉」など)
【内 容】重要文化財の櫟野寺(らくやじ)をはじめ、5つの寺をめぐった後に、搾りたての新酒の試飲でいっぷくできる。仏像ファンにおすすめのコース。

上記⑤⑥共通
【問合・予約先】 甲賀市観光協会0748-60-2690(先着50名様)

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。