BtoBに特化しリニューアル 〜物産展にしない方法とは  あだちメッセ

1月22日、23日、東京都足立区のシアター1010で「あだちメッセ」が開催された。

“夢をカタチに足立の技術”をテーマに足立区や東京商工会議所足立支部、足立成和信用金庫などが中心となって開催、製造業・情報通信業など多彩な企業が先端技術を携え、80社が出展する足立区最大の展示商談会となっている。今年からは運営にサクラインターナショナルが加わり、商談重視の施策を実施した。

会場が北千住駅マルイ内ということもあり、買い物客をはじめ一般来場者が多く、企業間マッチングの充実が課題になっていた。解決策の1つがレイアウトの変更。これまで入口近くに配置していた物産関連や工芸品など一般向け商材は出口近くに、その変わりに工作機械などの企業向け商材を入口そばに配置した。また、企業の購買担当者を惹きつけるセミナーの充実にも注力した。マーケティング関連のキーパーソンであるアビームコンサルティングの本間氏や赤城乳業監査役の鈴木氏など、ものづくりや販促のキーパーソンの講演9本と「顧客の心をつかむアイデアとは?」をテーマにしたパネルディスカッションを実施。トークイベントとしても成立するラインナップとした。

来場者数の減少を懸念しながらも、企業担当者の集客に特化した展示構成、プログラム改変の効果もあり、金曜、土曜ともにビジネスマンの姿が目立っていた。

猩々 IMG_4984

IMG_4992 IMG_4977

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る