Home » News » デジタル広告・マーケティングのためのアワード「コードアワード2016」開催

デジタル広告・マーケティングのためのアワード「コードアワード2016」開催

株式会社D2C(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山卓志、以下D2C)は、デジタルを活用したマーケティングコミュニケーション全般を網羅した、総合的なデジタル広告・マーケティングのアワード「コードアワード2016」(URL:http://www.codeaward.jp/)を開催する。

TBWA HAKUHODOの佐藤カズー氏が審査員長に就任。「データ」に特化した賞も新設。
3年目となる本年は、昨年から本アワードの審査員を務め、数々の広告賞の審査員を歴任するTBWA HAKUHODOの佐藤カズー氏が審査員長に就任。他にも、Googleのジョン・メリーフィールド氏やサイバーエージェント・クラウドファンディングの坊垣佳奈氏など5名の審査員を新たに迎え、クリエーティブ、テクノロジー、マーケティングなど国内外のスペシャリスト計9名による審査を行う。近年ますます注目が高まる「データ」を有効活用した作品を対象とする「ベスト・ユース・オブ・データ」の新設や、新しい手法でメディアを有効活用した作品に贈られる「ベスト・ユース・オブ・メディア」の復活など、賞構成も一部リニューアル。作品のエントリーは3月16日(水)から4月20日(水)まで。各賞の優秀作品および「グランプリ」の発表は6月下旬を予定。

後援団体、協賛社、メディアパートナーがアワードを協力サポート!
3つの業界団体からの後援をはじめ、8社の協賛社、17媒体のメディアパートナーが協力。

「コードアワード」とは
「コードアワード」は、モバイル広告およびモバイルマーケティングの健全な発展と普及を目的として、2002年より開催されてきた「モバイル広告大賞」を前身とし、2014年よりその対象をデジタル全域へと拡大させた、総合デジタル広告・マーケティングのアワード。デジタル・マーケティングの「いま」を刻み、「未来」を拓くアワードとして、より多くの秀逸な作品を顕彰し、デジタルを活用した広告コミュニケーションおよび、デジタル・マーケティングの活用事例を発信。

「コードアワード2016」概要
●選考対象
2015年4月1日から2016年3月31日の期間に実施/開始された、企業・ブランド・自治体などが提供する商品やサービスなどのデジタルを活用したマーケティングコミュニケーション施策を広く対象とし、デバイスや施策の規模に関係なく、その手法やアイデア、成果などを評価。
応募は、広告主・広告会社・制作会社の誰でも可能。応募の際には作品権利者(広告主含む)への許諾が必須。
●応募期間
2016年3月16日(水)~2016年4月20日(水)
●スケジュール(予定)
応募受付開始 : 2016年3月16日(水)
応募締切   : 2016年4月20日(水)
一般投票   : 2016年6月6日(月)~6月12日(日)
結果発表   : 2016年6月下旬
贈賞式    : 2016年7月27日(水)

詳しい情報は http://www.codeaward.jp/

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。