Home » News » テクノロジーとエンターテインメントの未来を体感〜「SENSORS IGNITION 2016」

テクノロジーとエンターテインメントの未来を体感〜「SENSORS IGNITION 2016」

2月26日、虎ノ門ヒルズフォーラムで「SENSORS IGNITION 2016」が開催された。テクノロジーとエンターテインメントの未来を体感するをコンセプトに、様々な分野でイノベーションに挑戦するうえでの「発火装置=IGNITION」になりたいという思いからweb、TV、リアルイベントを連携させた交流の場として実施されたもの。

SENSORS IGNITION2016_INNOVATORS SESSION会場となった虎ノ門ヒルズフォーラム5Fでは、メインホールでINNOVATORS SESSIONとして、キーノートにクリエイティブ・ディレクターのレイ・イナモト氏が「未来の作り方」をテーマに語ったほか、「地域×デザイン 日本はもっと楽しくなる!」、「ものづくり×街づくり Makersが地域を変える!」、「テクノロジーが切り開くスポーツの未来」、「人工知能が生み出す未来」といったセッションが繰り広げられた。

また、同フロアのホールAでは36社の企業・大学・個人が出展し、実際にテクノロジーとエンターテインメントを体感できる展示やデモが行なわれた。

 

SENSORS IGNITION2016_IGNITION STAGE同じくホールAではIGNITIONステージとして、出展者によるプレゼンテーションのほか、「次世代のUXを武器に世界に挑戦するスタートアップ」としてログバー、Moff、しくみデザイン、btraxのCEOが登壇、「ハードウェアスタートアップのつくり方」、「ハイレゾサウンドで私たちが聴きたいもの」、「BUILD YOUR DREAMS HERE,Tech Shop」、「クリエイティブカンパニーが生み出す新規事業とは?」といったセッションが行なわれた。

イベントやMICEに関するテクノロジーやエンタテインメントとしては、コミュニケーション型のイベントやユニバーサルイベントを学べそうなエリック・シュウの「Touchy」( 人とのタッチでシャッターが押される)、会議室や展示ブースでデジタルサイネージとして活用が期待できそうなモノづくり企業プログレステクノロジーが展示していた「天井に新たな価値を提供するIoTデバイス」などを発掘。

<Touchy(エリック・シュウ)>

<天井に新たな価値を提供するIoTデバイス(プログレステクノロジー)>

イベント会場では、さまざまな分野でのイノベーションの交流がされていた。

日本テレビ(OAは土曜25:55~26:25*関東ローカル)でも放映されたほか、ネットで無料配信(Hulu、日テレ無料by日テレオンデマンド、TVer 民放公式テレビポータル)もされた。

樋口陽子

樋口陽子

樋口陽子  月刊イベントマーケティング 編集長 MICE 研究所「イベントは体験提供の場」として、イベント現場で体当たり取材を行っている