Home » News » インテックスが自主企画で オリーブオイル専門展

インテックスが自主企画で オリーブオイル専門展

インテックス大阪を運営する大阪国際経済振興センターは、国内・アジア初となるオリーブオイルの商談型国際専門見本市を、10月18日〜20日に、自主開催する。

初開催のテーマは「日本のオリーブオイルビジネスの未来を形に」、多くの市場関係者および業界関係者は専門見本市に対する強い期待と要望を寄せているという。

同展の企画を担当する樋渡氏は「すでに優れた国内外の業界のリーディングカンパニーや生産者が出展の申込みを済ませた。彼らの参加によって『オリーブオイル関西』が盛り上がり、世間が注目する。間違いなく『オリーブオイル関西』は、とりわけ日本のオリーブオイル消費市場および業界にとって重要なイベントとなる。世界中から70社~100社の出展を見込んでいる。」と語っている。

日本のオリーブオイルビジネスの未来を形に」というテーマのもと、「オリーブオイル関西」では、数多くの高品質な製品、サービス、ソリューションが一堂に展示され、川上から川下間或いは川下から川上間のビジネスを繋いで日本およびアジアのオリーブオイルビジネス市場を構築する。

 [特別講演とセミナー]

[ビジターガイドテイスティングツアー]

「オリーブオイル関西」の特別協力団体である一般社団法人(以下、一社)日本オリーブオイルテイスター協会所属の専門家スタッフをガイド役としてテイスティングツアーを行う。これは、各国のオリーブオイル、オリーブの品種あるいはオリーブオイルの特徴等で各種テーマを細分化し、バイヤーであるビジターに専門知識が豊富なスタッフの説明を聞きながら、オリーブオイルの知識を更に深めてもらう実利的なハイライトツアーとなる。このツアーに参加する事で世界中の優れた興味深いオリーブオイルをブースで試飲し、商談や取材をすることができる。よってプロフェッショナルバイヤーやメディア関係者にとってオリーブオイルの多様性とその個性をより正確に知ることができる絶好の機会となる。

[Concierge di Olive Oil]

「オリーブオイル関西」の特別協力団体である一般社団法人(一社)日本オリーブオイルテイスター協会所属の専門家スタッフが、来訪するビジターからの出展社、製品、技術に関する質問や相談に対応する。オリーブオイルに関する専門知識や鑑定経験に基づき、ビジターが希望する製品や嗜好に沿った形で、各出展社のブースへナビゲートして商談を支援する。

[ビジネスマッチング(商談希望)受付システム]

(一社)大阪国際経済振興センター所属のビジネスコーディネーターが、出展社と商談を希望するビジターの要望に基づきマッチングの調整とサポートをする。商談申込は、商談を希望するビジターによって会期の前に公式サイト上で受付が行われ、会場内で充実した多くの商談が円滑に行われるようにコーディネーターが会期終了までサポートする。

[オリーブ盆栽展]

「日本盆栽作風展」で盆栽界最高峰の賞・内閣総理大臣賞を過去に3度受賞した盆栽芸術家の秋山実氏(以下、秋山氏)によるプロデュースのもとオリーブの盆栽展を開催する。秋山氏の盆栽師としての高度な技術と盆栽作家としての卓越した芸術性による盆栽が展示される。スクリーンショット 2016-05-15 22.23.32

 

 

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。