Home » News » アジア初となる ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズを 11月18日から20日に日本で開催

アジア初となる ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズを 11月18日から20日に日本で開催

公益財団法人 日本セーリング連盟(以下「JSAF」)、福岡市、ソフトバンクグループ株式会社(以下「ソフトバンクグループ」)は、2017年に開催される第35回アメリカズカップの予選である「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ(以下「LVACWS」)」の第9戦目として、福岡大会を2016年11月18日から20日に福岡市中央区地行浜で開催する。福岡市は、2019年のラグビーワールドカップや2021年の世界水泳選手権の開催地に選ばれるなど、世界規模のスポーツイベントに対応できる都市であり、ソフトバンクグループとしても、福岡ソフトバンクホークスの本拠地としてゆかりがある場所。なお、アジアで開催するのは、1851年から開催されているアメリカズカップの歴史上初。

アメリカズカップとは、1851年にロンドンの万国博覧会の記念行事として開催されたヨットレースに、アメリカのチームが参戦して優勝カップを持ち帰ったことから始まる、世界最高峰の国際ヨットレース。アメリカズカップで優勝したチームが受け取る優勝杯「アメリカズカップ」は、継続して使用されているスポーツの優勝杯として世界最古と言われるもの。一斉に全チームがレースを行うLVACWSを2年かけて世界各国で戦い、2017年に開催するアメリカズカップで、前回大会優勝チームであるオラクル・チーム・USAとの一騎打ちを目指す。

これまでLVACWSは、世界各国で5戦が開催され、福岡大会の前に、6月10日から12日に第6戦シカゴ大会(米国)、7月22日から24日に第7戦ポーツマス大会(英国)、9月9日から11日に第8戦トゥーロン大会(フランス)が開催される予定。日本からは、ソフトバンクグループがスポンサーとしてサポートするソフトバンク・チーム・ジャパンが、日本のチームとしては15年ぶりの挑戦中。

アメリカズカップに関する記者発表会(2016年6月2日)

LVACWS福岡大会 概要

日時 2016年11月18日(金)から20日(日)
場所 福岡県福岡市中央区地行浜
出場チーム
(出場国のアルファベット順)
グルパマ・チーム・フランス、ランド・ローバー・BAR(英国)、ソフトバンク・チーム・ジャパン、エミレーツ・チーム・ニュージーランド、アルテミス・レーシング(スウェーデン)、オラクル・チーム・USA

大会の詳細については、準備が整い次第ご案内します。なお、LVACWS福岡大会は「スポナビライブ」(提供:ソフトバンク株式会社)で配信予定。

2015~16年のLVACWSスケジュール

2015年 7月 ポーツマス(英国)
8月 イエテボリ(スウェーデン)
10月 ハミルトン(英領バミューダ諸島)
2016年 2月 マスカット(オマーン)
5月 ニューヨーク(米国)
6月 シカゴ(米国)
7月 ポーツマス(英国)
9月 トゥーロン(フランス)
11月 福岡(日本)

参考

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。