Home » News » 五輪期間中のビッグサイト利用問題についての議論も  〜日本展示会協会総会〜

五輪期間中のビッグサイト利用問題についての議論も  〜日本展示会協会総会〜

日本展示会協会は5月31日東京ビッグサイトで第3回定時総会を開催した。

今回は理事・監事の選任時期でなく、交替は理事の近藤紳一氏が所属元である株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズでの異動にともない退任、あらたに同社コミュニケーションカンパニー、プランニング・オフィス部長の会津良一氏が理事に就任するにとどまった。

DSC_0144総会では、東京オリンピック・パラリンピック開催にともない東京ビッグサイトが展示会場として利用できない問題に関して多くの発言議論が行われた。協会執行部への激励の声とともに、「拡張棟」の竣工前倒しや東京テレポート駅付近の仮設展示場などの2月に東京都が発表した代替案に満足することなく、7か月間の利用不能期間や、長期にわたる稼働面積の縮小について、さらなる改善努力をすべき、と参加者から意見があがった。

総会終了後には、懇親会が開催され過去最多の参加者が集まった。

 

 

 

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。