Home » News » ICTを活用した障がい者の支援を普及・啓発する「ICTフェスティバル」を新潟県で開催

ICTを活用した障がい者の支援を普及・啓発する「ICTフェスティバル」を新潟県で開催

ICTを活用してALS(筋萎縮性側索硬化症)や筋ジストロフィーなどの重度身体障がい者のコミュニケーション支援を普及・啓発するイベント「ICTフェスティバル」が新潟県で開催される。作業療法士や看護師などの医療・福祉従事者を対象に、ICTを活用した障がい者支援プログラム(注2)の1年間の成果を発表する場。重度身体障がい支援に積極的に取り組んでいる新潟県で初めて開催される。当日の参加者は、ICT機器の展示や専門家による講演、要支援者によるICTを活用したデモンストレーションをとおして、上肢障がい者向けパソコンの操作など様々な先駆的コミュニケーション手法を学べる。

開催日:7月2日(土)9:30~16:00
7月3日(日)11:00~16:00
開催地:燕三条地場産業振興センター(新潟県三条市須頃1-17)
7月2日:本館(メッセピア)4階大会議室
7月3日:別館(リサーチコア)7Fマルチメディアホール
主 催:ICTフェスティバル実行委員会・新潟
共 催:NPO法人ICT救助隊
協 賛:NEC
後 援:NPO法人 新潟難病支援ネットワーク
新潟県教育委員会
独立行政法人 国立病院機構西新潟中央病院
独立行政法人 国立病院機構新潟病院
内 容:様々なコミュニケーション支援機器の紹介や模擬体験など
※詳細別紙参照
入場料:無料
申 込:事前申込(参加希望日、氏名、職種を記入)e-mail:info@rescue-ict.com

別紙 ICTフェスティバルin新潟
http://jpn.nec.com/press/201606/images/2701_01_01.pdf

(注1) NPO法人ICT救助隊
http://www.rescue-ict.com/wp/
NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会を中心に、ICT支援ボランティア団体での活動や訪問看護事業等に従事している者が、横断的に情報を共有し活動を推進していくために2010年に独立し結成。活動内容は、主にICTを活用した難病患者や重度障害者のコミュニケ―ション支援。
(注2) NEC難病コミュニケーション支援講座
http://jpn.nec.com/community/ja/diversity/communication.html
NECが2008年から全国各地で実施しており、これまで約2000名の医療・福祉従事者が参加。

<本件に関する問い合わせ先>
NEC コーポレートコミュニケーション部 CSR・社会貢献室
TEL:03-3798-9555
E-Mail: sco@csr.jp.nec.com

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。