日展協女性の活躍推進委員会 2/8にセミナーを開催

日本展示会協会(日展協)は、2月8日、マイナビルーム(東京都千代田区)で女性の活躍推進委員会主催の「ひと踏ん張りできる言葉伝えます!『自分探し=私スタイルの見つけ方〜やめたくなる時もある、でも頑張ろうと思えることに出会える!セミナ-〜』を開催する。

渡辺めぐみさん

渡辺めぐみさん

セミナーにはスペシャルゲストとして、女優・タレントだけでなく、起業し経営者としても活躍する渡辺めぐみさんを迎えたトークを展開。セミナーでは参加者の声を集めるリアルアンケート実態調査を日展協理事で女性の活躍推進委員会長の野田万起子さんがコーディネーターを務め実施する。

セミナー後には、日展協会員の女性社員らとの交流会も行う。

主催する女性の活躍推進委員会では、「日展協主催のイベントには会員企業の女性の皆さまの参加がまだまだ少ないのが現状。展示会産業をより活性化し、はってんさせるためにも会員企業の女性に積極的に参加いただき、展示会産業を意識してモチベーションを高めていきたい」としている。

参加費は会員企業5000円、非会員企業7000円となっている(当日払い)。参加申込みは、以下のページより登録が必要。

▽参加申込みページ

https://reg.convention.co.jp/f-system3/view/view_form.php?form_id=1423&code=e59b9

 

▽セミナー概要

日程:2月8日(水)

セミナー 15:00〜17:00(14:30開場)

交流会 17:00〜18:30

場所:マイナビルーム 9A・B(パレスサイドビル:東京都千代田区一ツ橋1−1−1 東西線竹橋駅直結)

参加費:会員企業5,000円 非会員企業7,000円(当日払い)*定員に達し次第締切

対象者:女性社員

 

▽渡辺めぐみさんプロフィール

生年月日:1964年1月24日

出身地:神奈川県横須賀市

血液型:O型

趣味:韓国語・ジュエリー・華道・ゴルフ・野球観戦

 

・1982年4月1日「ときめきTouchMe」で(SMSレコード)でデビュー。資生堂のCFに出演BGMに流れる

・松金よね子・KINYAと「よめきん」を結成

・21歳のバースデーに21時間電波ジャック

・電子書籍「渡辺めぐみは花の82年組」好評配信中

・渡辺めぐみオフィシャルブログ「美魔女っ子めぐみ」http://ameblo.jp/megumi-watanabe1964/

 

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る