Home » リポート » BACKSTAGE Report

BACKSTAGE Report

[BACKSTAGE Report]Session6 テレビ局が新たに仕掛ける 「体験価値コンテンツ」 »

8月30日に開催されたイベンターのための夏フェスBACKSTAGEで語られた、Session4とSession6の2つの共通点は、コンテンツの作り手であるメディア、編集の役割。進化する時代にどう向き合い、イベントをどう捉え、活用するのか。

Session6 テレビ局が新たに仕掛ける「体験価値コンテンツ」

 

「体験価値」を高める民放3局の取組みとは

Session6は慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の中村伊知哉教授がモデレーターとなり、日本テレビ原浩生さん、TBSテレビ石井大貴さん、フジテレビ橋本英明さんがパネリストとして登壇した。

中村さんは、日本で体験価値を高めるのに、TV局が果たす役割はとても大きいとし、それぞれの取組みから紐解いた。

 

日本テレビの原さんはインターネット事業局に在籍し、配信事業、ネット化の支援事業、SENSORSというネット番組企画の新規事業を担当する。「SENSORS」では、テクノロジーの進化によって変わっていくエンターテインメントやメディアのあり方やビジネスを追う。番組というよりも、テクノロジーエンターテインメントというメディアプロジェクトだ。去年から「SENSORS IGNITION」という大型イベントを立ち上げ、専門イベントや、コミュニティイベントも開催。SENSORSは、メディアとして紹介するだけでなく、当事者になって新しいエンターテインメントメディア時代のイノベーションハブになれるようにとイベントを仕掛けている。

日本テレビの石井さんは、次世代ビジネス企画室投資戦略部に。慶應義塾大学大学院の博士課程で中村教授のもと、視聴率以外の魅力的な指標づくりを研究中だ。もともと営業職が長かったことで、新しいモノの売り方や広告の売り方を研究しており、視聴率は最大指標ではあるがスポンサーによってニーズは個別に変わるという。いままでにないクリエイティブでエクストリームなスポーツ領域を探し、実際に日本でドローンの本格的なレースイベントを実施しBS、CSとGYAOと組んで配信。そのほか、BMXやストリートダンス、スケートボードというニッチな分野の世界大会を開催し、地上波での番組制作もした。「まだ道半ばだが世界に通用するコンテンツを日本でつくり海外にもっていくことを夢みて努力している」と話す。

フジテレビの橋本さんは、コンテンツ事業局と兼務でフジスタートアップベンチャーズにてVC部門を担当。原さん、石井さんと同じくイベント事業局の出身ではない。インターネットを活用してどうフジテレビのIPや強みを生かし、エンターテインメントの経験をどう広げるかが主なミッションだ。フジテレビ全体のイベント事業では、シルクドソレイユのダイハツトーテムやブロードウェイミュージカル、日本科学未来館で開催した企画展また、「ULTRA Japan」やアイドルが一堂に会す「TOKYO IDOL FESTIVAL」、そして全社をあげてのイベント「お台場みんなの夢大陸」がある。CMで話題になったDMM.プラネッツも、実はお台場みんなの夢大陸のコンテンツのひとつだった、と解説した。「ソーシャルメディアを中心としたコミュニケーションの時代になって、FacebookライブやLINEライブに代表されるリアルタイムを追求するコミュニケーションが出てきて同期性や同時性が強くなっている、この辺のキーワードを加味しながら新しいテレビの楽しみ方をトライしているところ」と話す。 みせる技術をもち、ブームを起こす ストーリーテラーとしてテレビ

中村さんは、戦略はかなり多様だがテクノロジーが軸になっていると感想を伝えるとともに、テレビ局がイベントを仕掛けていくことの意味、強みについて聞いた。

石井さんは「純粋にアトラクションやイベントの面白さや見映えのような、みせる技術がまだまだ蓄積されている。あとは何と言っても映像化することの技術」とした。原さんは「テレビの力があるうちはブームをつくれる。メディアアートと言われていた少しマニアックなものが子供でも楽しめるものとしてブームになり同様のイベントがふえている」ことに触れた。

中村さんは世界的に見ると日本はテレビの影響力がまだまだ強く、しかもソーシャル、ドローン、IoTなどをつかって先に進めようとしていようとしている。期待できるジャンル、とした。一方で、イベントとテレビ局の本業である番組や広告事業との関わりはどうみているかという質問に、橋本さんはこう話す。「やはり、テレビはストーリーテラーとしての存在だと思っている。テレビは単なる媒体や方法の一つでしかない。最近分散型メディアの話が話題になっていてるが、テレビ局はメディアコングロマリットで、出版からイベント、映画とありとあらゆるものをつかって、一つのストーリーを伝える。その一つの重要な要素がイベントだと思っている」。

中村さんは「テレビ局がイベントというキーワードのもとで変化していることが短い時間でも共有できた。テレビ局のプラットフォーム力、吸引力は使い勝手が高く、皆さんと一緒にビジネスを広げていくことができると感じる。2020年に向けてアグレッシブなテレビ局の動きは目をそらすことができない」と、コラボの可能性などを示唆し、期待を寄せた。

 

▽合わせて読んでほしい

[BACKSTAGE Report]Session4 :マンガ×DJ×テレビ

[BACKSTAGE Report]Session4 マンガ×DJ×テレビ

[BACKSTAGE Report]Session4 マンガ×DJ×テレビ »

8月30日に開催されたイベンターのための夏フェスBACKSTAGEで語られた、Session4とSession6の2つの共通点は、コンテンツの作り手であるメディア、編集の役割。進化する時代にどう向き合い、イベントをどう捉え、活用するのか。

 

BACKSTAGE Session4マンガ×DJ×テレビ

365分の1以外のコミュニティ 多様性とグラデーションの世界

マンガ編集者、DJ、テレビプロデューサーというBACKSTAGEのセッション登壇者のなかで、一見すると異色ともいえる3人の共通点は、コンテンツの「編集者」であること。

佐渡島庸平さんは、「宇宙兄弟」「バカボンド」など数々のヒット作を手がけ、講談社から独立して現在はクリエイターエージェント会社コルクの代表を務める。大谷ノブ彦さんは今回、芸人ダイノジではなく、全国各地でジャイアンナイトというDJパーティを主催するほか、多くのフェス出場の実績もあるDJダイノジとして登壇。モデレーターをTBSテレビプロデューサー(当時)の角田陽一郎さんが務め、“編集”を切り口に、冒頭にいきなり炎上という話題からスタートした。

 

大谷さんは、佐渡島さんが以前、編集について『読者が単行本を手に取るのは365日分の1日とすると364日をどう振り向かせるのか、作家の方がどんな発信をすればよいのかを含めて編集していくこと』という話を引用し、「意図的な炎上は364日を埋めている演出で、ひとつの隙間をうめている」という持論を展開。佐渡島さんは、「炎上って、ある種コミュニティができる。話題を共有するのに、いまTwitterやFacebookのハッシュダグが便利だけれど、週刊誌でいうところの中吊りタイトルに近い」とし、「人が人と交わるのを楽しむ共通の話題は、天気やテレビという狭い範囲から幅広く多様化し、そのなかでも細かいグラデーションをつくれる世界に変わってきた」と話す。

 

編集者は流れを考えトータルでプランニングする人

マンガや小説、音楽のライブやCDという作品は、多様化した世界で、どう生き残っていったらよいかと角田さんは問いかける。

大谷さんも佐渡島さんも共通したのは、ユーザーを巻き込む、インタラクティブなコンテンツづくりだ。昔もいまも、音楽は奏でる人と聴く人、本は書く人と読む人で、両者の行為があってはじめてコンテンツとして成立する。その構造に変わりはないが、昔はユーザー側がつくり手に化学反応を起こすことはできなかった。それがいま、ネットでのコミュニケーションによって、ライブ感ある作品が生まれ、そこでしか体感できない、あるいは体験共有といった付加価値が生まれているという。

忘れてはいけないのは、テレビで一気に100万人のファンが生まれる時代と違い、いまのネット時代の100万人は、一人ひとりの積み重ねだということだ。連続性があって、継続したコミュニケーションだからこそ、創作過程の瞬発力が理解でき、距離感の近いコミュニティをつくる。たとえれば友達のような “It’s all light”という感覚の関係性が育ち、その土壌でインタラクティブなことが起きてくると言う。

大谷さんがDJイベントの地方興行でお客さんの入りの多い場所には、使命感をもったボランティアスタッフが必ずいると話すように、ユーザー側を巻き込むと、一人ひとりにとってコンテンツは完成品を楽しむものではなく、自分もその一部になる、とも話した。

そのうえで、流れを考え、コミュニケーションのストーリーをつくる、トータルでプランニングをする編集者の存在は大切だ。佐渡島さんは、「日本は一つの強いコンテンツがあると一発逆転できるような、魔法みたいなことに期待しちゃうけれど、コンテンツに限らずビジネスの基本は流れをいかにつくるかだと思っている」と言う。

さいごに大谷さんは「DJと言いながら選曲というよりも、現場のチューニングを合わせているだけ」と表現し、セッションを通じて編集者は絶対に必要な存在と確信したと話した。これに対して佐渡島さんは「編集の定義は広いけれど、チューニングの価値はデータ処理や解析が進んでも機械化ができない、リプレイスできない」とし、角田さんがそこに人間の価値があると、編集者の存在する意義をまとめた。

▽合わせて読んでほしい

[BACKSTAGE Report]Session6 :テレビ局が新たに仕掛ける「体験型コンテンツ」

 

 

[BACKSTAGE Report]Session9「地域から日本とアジア、世界を変える為にイベントが出来ること」

[BACKSTAGE Report]Session9「地域から日本とアジア、世界を変える為にイベントが出来ること」 »

1 11月, 2016

8月30日に開催されたイベンターのための夏フェスBACKSTAGEでは、「イノベーション」が大きなテーマとなったが、Session8「海外テクノロジーイベントの最新トレンドを見通す」と今回紹介するSession9を合わせて読むことで、日本にも海外でトレンドとなっているテクノロジーイベントのような、未来のイノベーションが生まれ育つ場としての地域イベントが、近いうちに誕生することを予感させる。(「月刊イベントマーケティング」10月31日発行号掲載)

 

Session9「地域から日本とアジア、世界を変える為にイベントが出来ること」

[登壇者]

日本経済新聞社 デジタルビジネス局シニアプロデューサー 戸井精一郎さん

札幌「No Maps」実行委員会 伊藤博之さん

福岡「明星和楽」実行委員会 村上純志さん

神戸「Comin’ Kobe Interactive」実行委員会 舟橋健雄さん

「SXSW」アジア事務局のサカモトハルヒコさん

 

SXSWをロールモデルに展開図る

札幌、福岡、神戸の地域イベント

Session9「地域から日本とアジア、世界を変える為にイベントが出来ること」のテーマは地域イベント。直前のSession8において、海外では地域イベントが大きな盛り上がりをみせていることが紹介されたが、近年、日本でも地域ムーブメントの核となるようなイベントが立ち上がってきている。このセッションでは、Session8でも話題となったアメリカ・テキサス州オースティンのクリエイティブビジネスイベント「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」と、このSXSWをロールモデルとして展開している3つの日本の地域イベントを取り上げ、イベントの魅力や可能性について展望した。

パネラーは、札幌「No Maps」実行委員会の伊藤博之さん、福岡「明星和楽(みょうじょうわらく)」実行委員会の村上純志さん、神戸「Comin’ Kobe Interactive」実行委員会の舟橋健雄さんに加え、「SXSW」アジア事務局のサカモトハルヒコさんが登壇した。モデレーターは、日本経済新聞社 デジタルビジネス局シニアプロデューサー 戸井精一郎さんが務めた。

サカモトさんは「SXSWはオースティンの街中900mに渡って展開していて、渋谷で言うとビックカメラからアパホテルまでくらいの距離感」であることを紹介。さらに「非常にたくさんのプログラムが行われており、例えばカンファレンスのセッション数は約2000、登壇するスピーカーの人数は約4500人。特筆すべきは取材に来るメディアの多さで、8500人のメディア関係者が世界中から訪れた」と語った。

その後、日本における3つの地域イベントの紹介となり、トップバッターとして札幌「No Maps」の伊藤さんが同イベントの概要を説明した。同イベントは今年10月10日から16日まで、クリエイティブ産業の活性化と他産業への波及を目的に初開催される予定で、自治体の産業政策としての側面が強いのが特徴。Film(国際コンペティションなど)、Music(ライブイベント)、Interactive(人工知能カンファレンスや展示会など)の各テーマをクロスさせながら、コンテンツミックス型コンベンションとして展開していくことを明らかにした。

続いて、村上さんが福岡市天神一帯を舞台に展開している、テクノロジーとクリエイティブの祭典「明星和楽」を説明。2011年から開かれていて、今年11月の開催ですでに6回目を迎える。「明星」にはスターを生み出す、「和楽」にはみんなで楽しく、という意味が込められている。これまでロンドンと台北でも開催した実績を持つ。

最後に、舟橋さんが2017年5月6、7日に神戸で開催予定の「Comin’ Kobe Interactive(CKB)」を紹介。これは、音楽+映画+IT+生活に関する多彩なコンテンツで構成されるイベントだ。舟橋さんは「神戸は“残念なまち”だ」と言う。震災で賑わいが壊滅し、その後、素晴らしい取り組みや人材が現れたものの、今でもバラバラのまま。市内に大学は多数あるが、卒業生は市外の企業に就職し、新たな産業もなかなか出てこない。舟橋さんは「今の神戸に必要なのは“つながり”と“若者”だ」と強調。そこで“神戸をひとつの大家族に”をキャッチフレーズにCKBを開催し、神戸のさらなる魅力を創出していく考えだ。

 

イベントが育つにつれて変わる

参加者の意識にどう対応するか

 

戸井さんの「イベントの収支は儲かっていますか?」という問いかけに、明星和楽の村上さんは「儲かってはいない。でも参加者からイベントを続けてほしいという声が寄せられているのは、何かが生まれているからだと思う」と話す。

サカモトさんは「イベントが立ち上がった当初は理念で人が集まるが、イベントが育ってくると違ってくる。SXSWの場合、オースティンを良くしようと思って参加している人は意外と少ない。例えばあるボランティアの参加目的は、音楽イベントに無料で入れることだ。イベントが成熟してきたら、参加者に支払う対価についてもよく考える必要が出てくる」と話した。

戸井さんが「集客はどうやっているのか?」と質問すると、No Mapsの伊藤さんは「地方イベントで東京と同じことをやるのは意味がない。例えば、北海道は土地が広いので、それを活かす企画を立て訴求していくことが集客につながると考えている」と話した。

最後に、サカモトさんから「SXSWの期間中、オースティンの住民の多くは市外へ出て行ってしまう」と興味深い発言があった。「地域イベントだからといって“地域”を重視し過ぎないほうがいいかもしれない」ともアドバイスした。

“地域セントリック”に偏ることなく、地元と来街者双方がメリットを享受できるような企画・運営を行っていくことも、地域イベントの発展には欠かせない視点になっていきそうだ。

日本にもSXSWのような、未来のイノベーションが生まれ育つ場としての地域イベントが、近いうちに誕生することを予感させるセッションであった。

 

▽関連記事

Session8「海外テクノロジーイベントの最新トレンドを見通す」

[BACKSTAGE Report]Session8「海外テクノロジーイベントの最新トレンドを見通す」

[BACKSTAGE Report]Session8「海外テクノロジーイベントの最新トレンドを見通す」 »

1 11月, 2016

8月30日に開催されたイベンターのための夏フェスBACKSTAGEでは、「イノベーション」が大きなテーマとなったが、今回紹介するSession8とSession9「地域から日本とアジア、世界を変える為にイベントが出来ること」を合わせて読むことで、日本にも海外でトレンドとなっているテクノロジーイベントのような、未来のイノベーションが生まれ育つ場としての地域イベントが、近いうちに誕生することを予感させる。(「月刊イベントマーケティング」10月31日発行号掲載)

 

Session8「海外テクノロジーイベントの最新トレンドを見通す」

[登壇者]

電通 CDC部長 事業開発ディレクター 中嶋文彦さん

THE BRIDGE共同創業者/ブロガー 池田将さん

未来予報 Co-Founder/プロジェクトデザイナー曽我浩太郎さん

未来予報 Co-Founder/コンテンツストラテジスト宮川麻衣子さん

 

音楽やインタラクティブが充実してきたSXSW

日本からの参加者は毎年1.5倍のペースで増加

イベンターにとって今、注目すべきトピックのひとつとして、世界各地で開催されている様々なスタートアップ企業イベントを挙げることができる。

このセッションでは、電通 CDC部長 事業開発ディレクター 中嶋文彦さんがモデレーターとなり、海外のイベント事情に精通したTHE BRIDGE共同創業者/ブロガー 池田将さん、未来予報 Co-Founder/プロジェクトデザイナーの曽我浩太郎さんと同社Co-Founder/コンテンツストラテジストの宮川麻衣子さんがパネリストとして登壇し、海外のスタートアップ企業イベントの最新動向を紹介した。

冒頭、中嶋さんが北米において開催されている有力イベントを独自にマッピングした資料を披露(写真参照)。そこには、ベンチャー向け/大企業向け、テーマ特化型/総合型の2軸で分類された20以上のイベントがマッピングされており、中嶋さんは「まさにイベント花盛りの状況」とコメントした。

 

 

その後、宮川さんと曽我さんからアメリカ・テキサス州オースチンで毎年3月に開催されているクリエイティブビジネスのイベント「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」の最新動向について報告があった。ふたりが所属する未来予報はSXSW日本事務局オフィシャルパートナーとして、日本での広報活動などを行っている。

宮川さんは「SXSWはSession(勉強会)、Demo(トレードショー)、Pitch(コンペ)、Meet-up Party(お見合い)の4形態で構成されているイベント。10日間の会期中、延べ約10万人が参加し、経済波及効果は約380億円に達する、世界最大のクリエイティブビジネスフェスティバル」と紹介。「会場でたまたま会った人が有名な開発者だったりして、人との出会いがSXSWの魅力」と語った。

 

日本からの参加者も毎年1.5倍のペースで伸びており、今年は765人が参加。曽我さんは「最近は広告関連やマーケターの参加者も増えてきた。カンファレンスプログラムなどを通じて“未来を見たい”という気持ちがあるのだと思う」と話した。

 

 

欧州イベントがアジアに進出

特定分野に特化したイベントが増加傾向

続いて、テクノロジー系ニュースを配信するブログメディア「THE BRIDGE」の池田さんが、世界のスタートアップ企業イベントについて概況を紹介した。

アジア地域では、ソウルの「be GLOBAL SEOUL」、シンガポールの「TECHINASIA SINGAPORE」などをピックアップ。どのイベントも2000~3000人の参加者を集めているという。池田さんはアジア地域でスタートアップ企業イベントが活況を呈している理由について、東南アジアは渋谷のようなスタートアップ企業の集積エリアが特にないので、イベントがないと人が集まりにくい状況にあるのではないかと分析した。

ほかにも中国・アモイの「ASIA BEAT」や北京の「GMIC(グローバル・モバイル・インターネット・カンファレンス)」、台湾の「IDEAS SHOW」などのイベントを紹介した。

「GMICは3日間の会期中だけでなく、会期前後に会場近くで参加者が集まってパーティを開いたりしていて大変に盛り上がっている」と話す。

ヨーロッパは、イギリス・ロンドンの「INNOVATE」やスペイン・バルセロナの「4YFN」(4 Years From Now=4年後に世界に大きな変化を起こすスタートアップ企業という意味)を注目イベントとして挙げた。

近年の傾向として、ヨーロッパのイベントがアジアに進出していることと、フィンテック(金融テクノロジー)に特化した「FINNOVASIA」などバーティカル(分野)別のイベントが増えていることを指摘した。

SXSWの最新動向について、宮川さんは「もともとテクノロジー関連が充実していたが、去年くらいから音楽やインタラクティブを取り込んだコンテンツが増え、盛り上がりをみせている」、曽我さんは「語られているテーマがモノやサービスから概念になってきている。今後、コンテンツとテクノロジーがどう絡んでいくのか楽しみだ」と語った。

池田さんは「イベントの隙間を埋める何かが大事になるのではないか。例えば、イベント会場に来ている人同士で連絡が取り合えるアプリの活用などが考えられる」と、今後のイベント展開における展望を示した。

これまで、海外のスタートアップ企業イベントのトレンドを、大きな視点から把握する機会はなかなかなかった。最新のイベントトレンドを世界規模で俯瞰した今回のセッションは、聴講者にとって今後のマーケティング活動に大きなヒントと刺激を与えたに違いない。

 

▽関連記事

Session9「地域から日本とアジア、世界を変える為にイベントが出来ること」