Home » Posts tagged "展示会"
これからの見本市の在り方 「東京ギフト・ショー」90 回連続開催するビジネスガイド社 代表取締役 芳賀信享さん

これからの見本市の在り方 「東京ギフト・ショー」90 回連続開催するビジネスガイド社 代表取締役 芳賀信享さん »

22 9月, 2020



「東京インターナショナル・ギフト・ショー」を90回連続で開催してきた見本市の老舗主催者・ビジネスガイド社。 コロナ禍で実践するこれからの見本市の在り方を代表取締役社長の芳賀信享さんにうかがった。

<動画の内容> 0:00 オープニング 0:28 ビジネスガイド社の展示会への新型コロナの影響 1:26 京都ギフト・ショー以外の影響 2:01 展示会の再開スケジュール 2:33 展示会延期決定のプロセス 3:00 開催展示会の感染症対策 6:05 出展者参加者の感染症対策への理解 7:33 展示会の良さ 8:42 アフターコロナ、Withコロナの展示会 10:10 展示会のオンライン化  11:20 展示会再開への想い 12:15 コロナでわかった展示会の意義 

半年待って 9月からいよいよ再開

「3月予定の『京都ギフト・ショー』 は、出展社が昨年より2倍で開催する予定でした。約 250 社のうち150 社が伝統工芸品などを扱う京都企業が一堂に集まり、工房を訪ねるオープンファクトリーの企画もあって、京都市でも力を入れていたんです」(ビジネスガイド社・代表取締役 芳賀信享さん) 2月26日の安倍首相からのイベントの自粛要請から緊急事態宣言解除 までの期間、ビジネスガイド社では、「京都ギフト・ショー」を含め、3都 市4件の見本市を開催中止・延期せざるを得ない状況になった。

○ビジネスガイド社主催の中止・延期となった見本市

*( )内は当初予 定 「第2回京都インターナショナル・ギフト・ショー 2020」(3/11〜12・京都市勧業館) 「第61回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー春 2020」 (5/12〜141・池袋サンシャインシティ・コンベンションセンター文化会館)

*会期変更 「第16回福岡インターナショナル・ギフト・ショー 2020」「第9回福岡国際ビューティ・ショー 2020」(6/4 〜 6・マリンメッセ福岡)

芳賀さんは、3月・京都については、緊急事態宣言の時期と当初の対象地 域になかったこと、多くの開催支援者の声があったことを受け、ぎりぎりまで検討を重ねたが、「安心安全」 面を懸念し、断念したと当時の心境を振り返る。 自粛期間を終え、販促・ギフト業 界は秋以降、年末商戦に向け準備中だ。「半年待った見本市、いよいよ9月からはじめます」と開催を宣言する。

進化する見本市の DX

見本市の DX(デジタルトランス フォーメーション)は、来場者の登録だけではない。専門家によるセミナー付きの出展社説明会は、オンライン上で好きな時間にみることができるよう、オンデマンド配信で対応 に切替え、事前配布のテキストをもとに説明。多くの参加があり通常リアル時には1出展社の参加人数が限られるが、オンラインではいつもの倍以上の参加になったという。また、バイヤーズガイドブックの電子化、アプリの活用、Twitterによる見所紹介、Facebookを活用したLIVE映像配信、YouTube での動画アップで「グルメ ダイニングスタイル ショー」では生産者の生の声が届くチャンネルからの配信など、展開する。

「ネット+リアルのオムニチャネル 小売店も多く、見本市も合わせて進化してきます。出展社商品情報検索 サイトでは全出展社の情報をフリーワード、出展社名、出展エリア、商品ジャンルで検索。機能を新たに拡充し、来年2月までに BtoB のバーチャル見本市を立ち上げ、リアルと バーチャルでオムニチャネル型見本市を行う予定です」という芳賀さんは、バーチャルの場は一つの選択肢であって、リアルの場づくりについては決してなくならないと続ける。「BtoBの見本市で特にギフトや販促の商材は、新商品の商談の場。色 合い、素材、触感といった目利きを、 市場の最前線にいるバイヤーがするので生の場は欠かせないんです。なぜなら、その新商品は、どんなにいいモノでも感動する体験があるかどうか、人と人とのつながりの部分が大きく影響しますから」

○ビジネスガイド社が主催する9月からの再開見本市

「第61・62回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 2020」 会期:9月9日(水)〜 11日(金) 会場:池袋サンシャインシティ・コ ンベンションセンター文化会館 入場:無料(事前登録制)

「第62回大阪インターナショナル・ ギフト・ショー秋 2020」会期:9月17日(木)・18日(金)  会場:OMM(大阪マーチャンダイズ・ マート)2階 入場:無料(事前登録制) 「第90回東京インターナショナル・ ギフト・ショー 2020」 会期:10月7日(水)〜9日(金)会場:東京ビッグサイト(西・南展

展示会ブースをオンラインで発注 パケテン by 博展

展示会ブースをオンラインで発注 パケテン by 博展 »

22 9月, 2020

イベントや展示会を中心に企業の体験型マーケティング活動を支援する株式会社博展(代表取締役社長:田口徳久氏、以下「博展」)は、政府によるイベントの参加人数の制限緩和を機に再開され始めた“リアル”での展示会に対応し、誰でも簡単に展示会のパッケージブースを設計・発注できる「パケテン」サービスを提供開始した。※現在は東京・大阪・名古屋の主要展示会にのみ提供。

パケテンは、 ・最短5分で、驚くほど簡単にネット上で展示会パッケージブースを設計・発注 ・10万円台から、展示会場への納品と施工・撤去までのサービスを提供可能 ・会期まで丁寧にベテランオペレーターがサポート ・0.5小間(3m×3m・3m×2.7m)、1小間(6m×3m・6m×2.7m)のプランを用意 ・以前のサービスから、ユーザーインターフェースを直感的に使いやすく改修し、プラン・レイアウトの自由度を拡充

などの特長をもち、業界では不可能と言われていた展示会ブースのオンライン販売を実現。書類や対面での打ち合わせが一切不要で、安価にパッケージブースの注文ができるため、展示会での販路開拓を求める中小企業を中心に引き合いが増加しているという。

価格設定は11万円の「シンプル」「ベーシック」「グラフィック」の3プランを用意。

「パケテン」サービス紹介サイト: https://www.hakuten.co.jp/contents/service/paketen/index.html

▼ 株式会社博展 (https://www.hakuten.co.jp/) 「Communication Design®」の提供を通じて、人と人が出会う”場”と、そこで生みだされる感動や経験の”体験”をより価値あるものにするために、企業のマーケティング活動に感動や経験という体験価値を提供するパートナーとして、「Experience Marketing」を事業領域とした、コンタクトポイントにおけるコミュニケーション開発及び統合型マーケティングソリューションの提供を行っている。

リゾテック沖縄がハイブリッド開催、10月29日から

リゾテック沖縄がハイブリッド開催、10月29日から »

22 9月, 2020

観光産業はじめ沖縄を支える産業とテクノロジーが結びつき、住む人とビジターの双方が快適に過ごすための持続可能な社会をめざす「ResorTech Okinawa おきなわ国際IT見本市 2020」が10月29日から11月1日まで、沖縄コンベンションセンター展示棟で開催される。「ツーリズムEXPOジャパン2020 旅の祭典 in 沖縄」の会場内での実施のほか、オンライン展示会も実施される。

「リゾテックが拓く、その先の社会」をテーマに、42団体が出展して、最新技術を紹介する展示や商談会を催す。シンポジウムでは星野リゾートの星野佳路代表のリモート出演や、台湾政府デジタル担当大臣のオードリー・タン氏と玉城デニー知事の対談が予定されている。

業界関係者向けの事前登録はすでに開始。下記URLから登録できる。 https://www.t-expo.jp/okinawa/registration

ResorTech OKINAWAの3つの機能 1. 交流拠点(おきなわ国際IT見本市) 2. 沖縄をテストフィールドとした実証実験の取り組み 3. 産業施策展開基盤として

<開催概要> 名称:ResorTech Okinawa おきなわ国際IT見本市 2020    (略称:リゾテックおきなわ2020、ResorTech Okinawa 2020) 主催:ResorTech Okinawa  おきなわ国際IT見本市実行委員会(実行委員長:稲垣純一) 後援:台北駐日経済文化代表処那覇分処 会期:2020年10月29日(木)~11月1日(日) 会場:沖縄コンベンションセンター 展示棟(ツーリズムEXPOジャパン2020 旅の祭典 in 沖縄 会場内) 展開内容:展示商談会、事前アポイントメント型商談会(バイヤーブース訪問型)、IT、観光等に関する講演等(予定) 対象分野:観光、飲食、小売、農業、水産業、製造、医療など産業全体に係るテクノロジー全般 主な来場者:ホテル、飲食、小売、サービス業、製造、交通事業者、農業、水産業、医療、福祉等・国内外の観光産業、観光関連産業事業者・国内外IT事業者、VC、DMO、自治体等・TEJ参加バイヤー及びTEJ出展者・一般参加者(※10月31日(土)、11月1日(日)は一般客の来場可能日) 主な出展者:ResorTechや関連テクノロジー・サービスを提供する事業者(2月プレ開催 出典協賛実績 県内外海外比率:県内85%、県外13%、海外2%) 同時開催 ツーリズムEXPOジャパン2020 旅の祭典 in 沖縄

イベント制限緩和もガイドライン遵守し最大1万人で開催 〜外食ビジネスウィーク〜

イベント制限緩和もガイドライン遵守し最大1万人で開催 〜外食ビジネスウィーク〜 »

21 9月, 2020

9月24日・25日に東京ビッグサイト 青海展示棟 A・Bホールで開催、オンラインは11月24日までと、ハイブリッド展示会として開催される「外食ビジネスウィーク2020/全国 食の逸品EXPO」が会期を間近に控えて、準備が着々と進んでいる。

同展は日本最大級の外食産業の食品・飲料・設備・サービスが一堂に集結する商談展示会“外食ビジネスウィーク”と商談と学びの展示会“全国 食の逸品EXPO”として開催される。ラーメン産業展、そば・うどん産業展、居酒屋産業展、ホテル・レストラン・カフェ産業展[ホレカ産業展]、フードデリバリー・テイクアウト展、飲食店繁盛支援展、レストランテックEXPO(初開催)、焼肉産業展(初開催)と8つの専門展を同時に開催する。

9月18日にはイベントの参加人数制限が本日9月18日に解除されたが、現状の東京ビッグサイト 青海展示棟A・Bホールの、合計瞬間最大収容人数10,000人というガイドラインのもと入館人数の把握と、上限人数を超えないよう入場調整を行うとともに、感染防止対策を講じ、参加者が安心して商談できる環境を整えたうえでの開催となる。

特別企画として、アルコール・ソフトドリンクパビリオン、食のリスク対策パビリオン、感染症対策パビリオンをはじめ、新商品コレクションや食の簡便化・業務効率化コレクションなど、今必要とされているテーマを企画化している。

また、全国 食の逸品EXPO 特別企画「バイヤーズセレクション」の受賞者作品が決定。最優秀賞はしあわせ乳業(株)のプレミアムチーズケーキ、優秀賞は、ノブレッサ デル スルのECO NIGHT BIO(エコナイトビオ)、白瀧酒造(株)の上善如水 スパークリング、高知県特産品販売(株)の四万十ポークと山椒のカレーの3品が受賞した。

 

 

今年のBACKSTAGEについて語ってみる。ハイブリッドイベントはどうなる「コースケ・よーこの不要不急な話」第17話

今年のBACKSTAGEについて語ってみる。ハイブリッドイベントはどうなる「コースケ・よーこの不要不急な話」第17話 »

18 9月, 2020

【ライブ配信番組 9/18(金)12:00〜】「コースケ・よーこの不要不急な話」 9月18日(金)12時から、「コースケ・よーこの不要不急な話」第17話をお送りします。 第17話のゲストは… 前野 伸幸さん BACKSTAGE実行委員 株式会社ホットスケープ代表取締役

BACKSTAGE実行委員で、株式会社ホットスケープ( 株式会社ホットスケープ )代表取締役の前野伸幸さん。イベント企画・運営と会場を熟知した30年の豊富な経験をもつ前野さんは、2016年にスタートした体験型マーケティングのカンファレンス「 BACKSTAGE」の演出を中心に統括。

今回は、9/17に行われた「SHOWCASE 2.0~コロナ対策ハイブリッドカンファレンス」での、BACKSTAGE実行委員3人のトークを動画で振り返りつつ、BACKSTAGEの開催意義やイベントのアップデート年ともなった2020年にBACKSTAGEを実施する意味、ハイブリッド開催に向けた取組みについて、深堀りします。

イベントレジスト ヒラヤマコースケさんとイベントマーケティングひぐちようこがお送りする「コースケ・よーこの不要不急な話」。この番組は、不要不急とは言っても、いまだから話したい日常で大切にしているコトのお話をお聞きするゆるっとしたトーク番組です。毎週どこかで、ゲストをお迎えし不定期に配信中。

イベントのコト起こしにもヒントになる、コミュニケーションデザインや編集術、企画力のようなことをゲストをお迎えして、リスナーの皆さんと共有していきます。 「コースケ・よーこの不要不急な話」第16話 配信日:2020年9月18日(金)12:00〜12:30 ゲスト: 前野 伸幸さん BACKSTAGE実行委員 株式会社ホットスケープ代表取締役 配信元: ▼FacebookLIVE イベントマーケティングFacebookページにてライブ配信 ▼YouTubeLIVE https://youtu.be/nI2grGUXnD ▼Podcast

お知らせ: 「コースケ・よーこの不要不急な話」はPodcastからもお聴きいただけます!

ダイエット&ビューティーフェア開幕、展示会再開続々と

ダイエット&ビューティーフェア開幕、展示会再開続々と »

15 9月, 2020



19回目の開催を迎える「ダイエット&ビューティーフェア」の様子をレポーター久野華子さんが東京ビッグサイトから生中継でお届けします。化粧品をはじめとするコスメ・美容機器や、サプリメント等を扱うインナービューティ業界等、様々な美容・健康業界のプロが集結するビジネスの展示会(トレードショー)として、商談はもちろん、市場でのトレンドや商機を生みだす情報交流の場ともなっています。

展示会再開が続々続いてるようすを東京ビッグサイト青海展示棟から生中継でお届けする。

開催概要:

名称 ダイエット&ビューティーフェア2020(第19回) アンチエイジング ジャパン2020(第6回) スパ&ウエルネス ジャパン2020(第11回) 健康産業展(新設)

会場 東京ビッグサイト 青海展示棟A・B 日時 2020年9月15日(火)・16日(水)・17日(木) 10:00-18:00(最終日10:00-17:00) 主催 インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 企画 DIET & BEAUTY 後援 環境省、観光庁、スポーツ庁、独立行政法人 中小企業基盤整備機構、日本貿易振興機構(ジェトロ)

協賛 ダイエット&ビューティーフェア 一般社団法人日本エステティック振興協議会、一般社団法人日本エステティック協会、一般社団法人日本エステティック業協会、一般社団法人日本エステティック工業会、特定非営利活動法人日本エステティック機構、一般財団法人日本エステティック試験センター、一般社団法人日本全身美容協会、厚生省生衛第135号認可全日本全身美容業協同組合、公益社団法人日本フィットネス協会、一般社団法人CIDESCO-NIPPON、公益財団法人日本健康スポーツ連盟、特定非営利活動法人日本ホリスティック医学協会、特定非営利活動法人日本ネイリスト協会、公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会、一般社団法人日本フィットネス産業協会、特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク、一般社団法人日本ホームヘルス機器協会、公益社団法人日本通信販売協会、特定非営利活動法人日本スパ振興協会、特定非営利活動法人健康と温泉フォーラム、一般社団法人日本リラクゼーション業協会、公益社団法人日本アロマ環境協会、一般財団法人国際指圧普及財団、公益財団法人日本エステティック研究財団、日本健康科学学会

アンチエイジングジャパン 特定非営利活動法人日本抗加齢協会、特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク、日本健康科学学会

スパ&ウエルネス ジャパン 特定非営利活動法人日本スパ振興協会、特定非営利活動法人健康と温泉フォーラム、公益社団法人日本サウナ・スパ協会、地域活性学会、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク、一般社団法人日本エステティック協会、一般社団法人日本エステティック業協会、一般社団法人日本エステティック工業会、一般財団法人日本エステティック試験センター、一般社団法人日本全身美容協会、厚生省生衛第135号認可全日本全身美容業協同組合、公益社団法人日本フィットネス協会、一般社団法人CIDESCO-NIPPON、公益財団法人日本健康スポーツ連盟、特定非営利活動法人日本ホリスティック医学協会、一般社団法人日本リラクゼーション業協会、公益社団法人日本アロマ環境協会、一般社団法人日本ホームヘルス機器協会、一般財団法人国際指圧普及財団、公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会、一般社団法人日本フィットネス産業協会、一般財団法人日本健康開発財団、日本健康科学学会

入場方法 来場事前登録の上、「入場証」を印刷しご持参ください。

内容: 美容・健康業界向け専門トレードショー ダイエット&ビューティーフェア、アンチエイジング ジャパン、スパ&ウエルネス ジャパンは、美と健康をテーマに、化粧品・美容機器・健康器具等の業界のプロが集結するビジネス展示会。

愛知・名古屋でも展示会再開、2展が同時開幕

愛知・名古屋でも展示会再開、2展が同時開幕 »

8 9月, 2020

新型コロナウイルスの影響によるイベント自粛・制限が徐々に収まってきそうだ。9月末のイベント制限緩和が19日に前倒しになる見通し、IOC副会長の五輪開催表明など、イベント再開にむけたニュースが飛び交う中、9月9日には、愛知県・名古屋市で産業展示会が2展開幕。イベント再開にむけた機運が高まっている。

イベントマーケティングでは両展示会にレポーターを派遣し、そのようすを生中継する。

名古屋市のポートメッセなごやでは9月9日から11日、「~名古屋から提案!新しい生活様式のビジネスシーン~ 感染症対策総合展」が開催。イベント開催に欠かせなく数々の感染症対策の機器やソリューションの展示や感染症の専門家、イベント主催者などのセッションが注目を集める。

”生まれるのは新しい生活様式とウィズコロナ時代の展示会開催モデル。 徹底した対策により本展では密は発生させません!”と銘打っての開催は 全国のイベント関係者やリアルなコミュニケーションが必要な関係者の注目を集める。

一方、セントレア空港隣接の国際展示場Aichi Sky Expoでは「第5回 名古屋 ものづくり ワールド」が同じ日程で開催される。主催は日本展示会産業最大手のリードエグジビションジャパンだ。同展示会は、東京、大阪、名古屋にて、年3回開催されており、中部地域から出展社が集まり、製造業ユーザーとの間で商談が行われる。

展示会再開の息吹を愛知・名古屋の2会場から2元生中継でお届けする。

9月3日20:30開始 なんとなく座談会「いまこそ考えようイベントができること」EVENT MARKETING TALK SHOW

9月3日20:30開始 なんとなく座談会「いまこそ考えようイベントができること」EVENT MARKETING TALK SHOW »

2 9月, 2020

9月3日木曜日、20:30からスタート。 中止・延期・オンライン化が続いたイベント業界。ようやく少し動きはじめてきたが、前のようは戻れないのか。4人のおじさんと、×アイスティ 〇カフェラテ(中はたぶん女子)が語ります。

1)コロナの影響ってどう? 2)オンラインイベントはイベントなのか? 3)イベントの定義、リアルイベントの意味をあらためて問う 4)注目のイベントと、良いイベント、好きなイベント 5)こうなったら面白い」、イベントの世界

↑ という感じの話をする予定ですが、どうころぶかわかりません。

■登場人物

【 カジヤマ ユカリ 】 イベント運営会社勤務8年目のもうすぐ30歳。 スタッフのブッキング、マジシャン・演奏家・大道芸人など特殊人材のキャスティング、会場手配など。

【 たけうち のぶお 】 イベント制作会社→自治体の芸術祭事務局→空間装飾会社(展示会中心)→フリーランス。イベント・空間・マーケティング・事業企画などの「プランナー」として活動している、大阪在住のフリーランスです。

【 近藤和彦@イベント業界.com 】

【 大岩将士@JAPAN PACK 】  一般社団法人 日本包装機械工業会    柿��梨が好きです。でも、展示会はもっと好きです。

「イベント制作会社の企画営業→空間づくり会社の制作ディレクター →BtoB展示会主催者(業界団体)の運営事務局。コンシューマー向けイベントやショウルームも経験しましたが、展示会が一番好きです。イベントディレクター歴9年目。」

【田中力@イベマケ 】  ヒグチ編集長にいつも怒られている

グリー子会社がバーチャルビジネスイベント制作プラットフォーム REALITY Spacesを提供開始

グリー子会社がバーチャルビジネスイベント制作プラットフォーム REALITY Spacesを提供開始 »

20 8月, 2020

株式会社Wright Flyer Live Entertainment(代表取締役社長:荒木英士、以下「WFLE」)は、バーチャルビジネスイベント制作プラットフォーム「REALITY Spaces」の提供を開始した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止対応により、展示会やカンファレンス、商談会の中止や延期が相次ぎ、国内外の様々な経済活動に甚大な影響を及ぼしている。 大人数を動員するビジネスイベントの実施が困難になる中、オンラインで参加できるイベントの需要がかつてない高まりを見せている。

WFLEでは、バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」における3D CGを用いたリアルタイムコミュニケーション機能やイベントの実施を数多く手掛け、また多数の国内大手企業向けにVR映像配信プラットフォームや仮想空間を活用したアプリの開発サービスを提供してきた。そこで培われたテクノロジーとノウハウをパッケージ化し、大人数が参加可能なホワイトレーベル型のバーチャルイベント制作プラットフォーム「REALITY Spaces」の提供を開始した。

「REALITY Spaces」では、PCやスマートフォンからアクセスできるバーチャル空間上にイベント会場や企業ブースを構築可能。出展者がアバターとなりリアルタイムでプレゼンテーション(映像・音声)を配信することができるほか、会場内を自由に歩き回る参加者とチャットでコミュニケーションを取ったり、自社Webサイトに誘導できる。また、リアル会場とバーチャル会場の同時開催をする場合は、リアル会場でのプレゼンテーションをバーチャル会場に連動が可能になる。

■「REALITY Spaces」の主な機能 イベント主催者・出展企業向け

・イベント会場・企業ブース構築 ・企業ブースでのプレゼンテーション配信(リアルタイム・収録データ双方可能) ・参加者との商談 ・リアル会場とのプレゼンテーション連動 ・自社Webサイト連動 ・自社EC連動(カスタマイズ) ・参加者間のチャット機能(カスタマイズ) ・イベント参加者の利用分析・統計

イベント参加者向け

・アバター選択と会場内の自由移動 ・展示内容やプレゼンテーションの閲覧 ・出展者との商談

■「REALITY Spaces」の特徴

・参加者数十人の小規模イベントから数万人規模の大規模イベントまで対応 ・エンターテインメントからビジネスまで幅広い活用 ・有料イベント/無料イベント双方に対応 ・会場デザインやアバターのカスタマイズによる多彩なイベント演出 ・ホワイトレーベル型パッケージのため、自社ブランドによる独自アプリでの提供が可能 ・指定機能のみのパッケージ利用および個別カスタマイズ開発双方の選択が可能 ・個別カスタマイズ例:既存サービスとのID連携/EC連携/解析ツール連携等 ・VRヘッドセット不要のPC・スマートフォン対応であらゆるユーザーがアクセス可能

■「REALITY Spaces」の想定利用シーン

・展示会/商談会 ・カンファレンス/セミナー ・オンライン学習 ・商品発表会 ・就職説明会 ・株主総会 ・その他

WFLEは今後も「REALITY Spaces」を通じて、イベント運営者には新たなビジネス機会を、参加者にはオンラインならではの体験を提供することで、「なりたい自分で、生きていく。」というビジョンの実現を目指すという

※ホワイトレーベルとは、ある企業が独自で開発した製品やサービスを他社が自社のブランドとして販売できる権利のこと。。

3Dプリンターなどの先端技術を展示 〜フォームネクストフォーラム 東京

3Dプリンターなどの先端技術を展示 〜フォームネクストフォーラム 東京 »

20 8月, 2020

2020年9月24日(木)-25日(金)の2日間、東京都立産業貿易センター浜松町館にて、3Dプリンティングなどのアディティブ・マニュファクチャリング(AM/積層造形、以下AM)を中心とした、最先端の技術展示とセミナーの複合イベント「フォームネクストフォーラム 東京」を予定通り開催する。ドイツ・フランクフルトの国際見本市「フォームネクスト」の姉妹イベントとして、2019年に初開催されたカンファレンス・セミナーの展示エリアを大幅に拡大した。AM、デザイン、製造・加工技術、製品、材料、サービスなどの販路開拓に活用できる。

メッセフランクフルト ジャパン株式会社(代表取締役社長:梶原靖志 氏)は、新型コロナウイルス感染症対策に十分配慮し、一般社団法人日本展示会協会の「COVID-19感染拡大予防ガイドライン」 と、東京都立産業貿易センターの「新型コロナウイルス感染防止の取組みと主催者向けガイドライン」 に従い、出展者や来場者が安心して参加できる商談の場を提供する。

業界著名人による主催者セミナーは必見

業界著名人による2日間、計6本のAMを中心とした次世代製造技術や最新情報を届ける。初日の24日(木)は「アディティブ・マニュファクチャリング(AM)の今、そして将来」と題し、東芝エネルギーシステムズ株式会社の辻大輔氏がAMの特徴を整理しつつ、産業構造や欧米との対比、モノづくりの潮流など俯瞰的な視点も交えながら、AMの現在と将来展望について紹介。25日(金)は大阪大学 接合化学研究所の塚本雅裕教授が、金属に対する吸収率が高い青色半導体レーザーについての適用事例「高輝度青色半導体レーザーを利用したLMD方式金属、3Dプリンティング技術」について講演を行う。

■最新情報が満載の業界団体セミナーと出展者プレゼンテーション

会期中の併催企画として、技術研究組合次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)、一般社団法人 日本3Dプリンティング産業技術協会、Aachen Center for dditive Manufacturing(ACAM・ドイツ)主催による業界団体セミナーを開催する。

24日(木)の技術研究組合次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)による「TRAFAM次世代型産業用3Dプリンタ技術セミナー」では、「次世代型産業用3Dプリンタ開発プロジェクトの成果と今後の展開」として、学校法人近畿大学 次世代基盤技術研究所の京極秀樹特任教授が登壇。また、姉妹見本市「フォームネクスト」とのコラボ企画で実現したドイツの3Dプリンティング研究機関ACAMによるセミナーは、24日(木)、25日(金)と内容と聴講対象を変えてウェビナー形式で開催。24日(木)は、AMの導入を検討しているすべての人を対象とした「discover3Dprinting」、25日(金)は、「Design for AM」と題し、AMにおける設計の可能性とアプローチの概要について講演する。ACAMのウェビナーは、会場内で日・英同時通訳付きで聴講できる。

また、業界のトレンドを先取りできる出展者プレゼンテーションでは、会期中2日間にわたり、株式会社NTTデータ ザムテクノロジーズ、SOLIZE Products株式会社、トルンプ株式会社、DMG森精機株式会社による自社製品、サービスのプレゼンテーションが開催される。

主催者セミナー、業界団体セミナー、出展者プレゼンテーションすべて公式ウェブサイトからの聴講事前登録を優先。また、別途イベントへの来場事前登録が必要。

多彩な出展対象製品

AM技術全般、造形機器、装置、技術(3Dプリンタ、3D スキャナー、ラピッドプロトタイピング機器、ラピッドマニュファクチャリング機器)、3D データソリューション/3Dプリント受託サービス/樹脂材料、セラミック材料、金属材料、複合・機能性材料などが一堂に会する。

姉妹見本市「フォームネクスト」

「フォームネクスト」は積層造形と次世代インテリジェント工業生産に関する国際製造加工技術専門見本市。2015年の初開催からわずか5年で業界を牽引する国際見本市の一つに成長し、2019年は36カ国・地域から852社が出展、34,532名の来場者を集めた。また、同時開催のカンファレンスでは、積層造形の最新トレンドや課題、生産プロセスへの組み込みへの提案なども発信していく。