Home » News » 映像解析で滞在者数管理 ― キヤノン株式会社 サクラインターナショナル株式会社

映像解析で滞在者数管理 ― キヤノン株式会社 サクラインターナショナル株式会社

 

9月19日にイベントの人数制限が緩和、ビジネスイベントなど大声での歓声、声援がないイベントは収容率100%まで入場可能になった。

この人数制限は同時にホールに滞在している人数に対してのもの。入退場自由で、複数の出入口がある展示会の滞留人数をリアルタイムに算出するのは、むずかしい。

会場内に12 台のカメラを設置。リアルタイムで滞在人数を管理

会場内に12 台のカメラを設置。リアルタイムで滞在人数を管理

それを解決したのが、キヤノン株式会社とサクラインターナショナル株式会社が共同で運用した、映像解析を活用したホール滞在者数の管理だ。

顔や人体を検出するAIを活用した技術で、映像を分析し、人の出入りを把握できる。各ホールの出入口にカメラを設置し、映像解析することで、手作業の人数カウントなしで、リアルタイムで滞留人数を管理可能だ。

10月7日に開催された、第90回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2020でも導入され、12台のネットワークカメラを連携し、安心安全な展示会開催をサポートした。

 

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。