Home » News » 愛知・名古屋でも展示会再開、2展が同時開幕

愛知・名古屋でも展示会再開、2展が同時開幕

新型コロナウイルスの影響によるイベント自粛・制限が徐々に収まってきそうだ。9月末のイベント制限緩和が19日に前倒しになる見通し、IOC副会長の五輪開催表明など、イベント再開にむけたニュースが飛び交う中、9月9日には、愛知県・名古屋市で産業展示会が2展開幕。イベント再開にむけた機運が高まっている。

イベントマーケティングでは両展示会にレポーターを派遣し、そのようすを生中継する。

名古屋市のポートメッセなごやでは9月9日から11日、「~名古屋から提案!新しい生活様式のビジネスシーン~ 感染症対策総合展」が開催。イベント開催に欠かせなく数々の感染症対策の機器やソリューションの展示や感染症の専門家、イベント主催者などのセッションが注目を集める。

”生まれるのは新しい生活様式とウィズコロナ時代の展示会開催モデル。
徹底した対策により本展では密は発生させません!”と銘打っての開催は
全国のイベント関係者やリアルなコミュニケーションが必要な関係者の注目を集める。


一方、セントレア空港隣接の国際展示場Aichi Sky Expoでは「第5回 名古屋 ものづくり ワールド」が同じ日程で開催される。主催は日本展示会産業最大手のリードエグジビションジャパンだ。同展示会は、東京、大阪、名古屋にて、年3回開催されており、中部地域から出展社が集まり、製造業ユーザーとの間で商談が行われる。

展示会再開の息吹を愛知・名古屋の2会場から2元生中継でお届けする。

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts