Home » Back Number » 過去のメルマガ » 2020年2月12日配信 帰ってきた!編集長に叱られる

2020年2月12日配信 帰ってきた!編集長に叱られる

水曜日のお昼時に、こんにちは。
イベントマーケティングの樋口です。先週の「第7回 イベント総合 EXPO」では、弊社ブースへお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
樋口は沖縄イベント取材の出張のため、幕張メッセでお迎えできませんでしたが
入れ替わり立ち替わり、イベマケパートナーの皆さまも一緒にブースで対応していただきました。感謝。
こうしたつながりによって出会いの幅が創出できたと聞いております。

また、今月は、「編集長に叱られる#06」を開催する運びとなりました!
知っているひとの知らない一面や、知らないひととの思わぬ共通点などに出会えることを目指し、開催しているイベント。
昨年8月からの沈黙を破り、お恥ずかしながら帰って参りました。
こちらの会でも新しいご縁につながれば何よりです。
(自分にとっても毎回、自分の未開拓地を拓く機会にもなっています)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

== 今週のコンテンツ ==
■ Pick up Event
編集長に叱られる#06
■ イベマケニュース
■ イベントマーケティングの関連イベント(2月)
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

■ Pick up Event

2020/2/25 編集長に叱られる!#06
-だし酒で乾杯っ!地域活性化のほろ酔い談義 UMAMI Lab meets MICE研究所-

・日時
2020/02/25(火) 19:00 ~ 21:00

・会場
虎ノ門ヒルズ4F #CAFE105 TORANOMON
(東京都 港区虎ノ門 1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー4階)

・主催
イベントの未来をつくる105人/月刊イベントマーケティング

「編集長に叱られる」第6弾のゲスト、クリエイティブディレクター望月重太朗さんに決定しました!

イベント企画・主催者やソーシャルコンテンツプロデューサーをお呼びして
「あのイベントってどんなひとがつくっているの?」
「このムーブメントはどう起こしたの?」
と、月刊イベントマーケティングの編集長・樋口が、「なぜ」「どうして」とギモンを投げかける公開インタビュー『編集長に叱られる』を開催していますが、その第6弾となります。

今回は、REDD代表取締役で、クリエイティブディレクターの望月重太朗さんをお迎えして、さまざまな体験デザインの研究開発をされているなかでも、“出汁割り日本酒”に着目し、食×地域活性×イベントの可能性についてお聞きします。実際に出汁割り酒を飲みながら、参加者の皆さんとも雑談感覚で加わっていただく、ほろ酔い談義をお楽しみください。

イベントの詳細・お申込みはこちらから → https://eventregist.com/e/korakora6

 

■ イベマケNews Pick up

酒とスポーツがインクルージョンを実現する!?(本日開催!当日参加可)

https://www.event-marketing.co.jp/contents/19477/

国際MICE EXPO に涌井雅之氏登壇

https://www.event-marketing.co.jp/ime2020

リゾテック沖縄がプレ開催 本島初の観光型MaaSアプリもリリース

https://www.event-marketing.co.jp/contents/19459/

月刊イベントマーケティングの関連イベント(2-3月)
2/12「ソラシティカンファレンス2020」〜スポーツを遊ぼうスペシャル〜 メディア協力(ソラシティカンファレンスセンター)
2/13-14「イベントJAPAN2020」出展(東京ビッグサイト青海展示棟)
2/25「編集長に叱られる#06-だし酒で乾杯っ!地域活性化のほろ酔い談義 UMAMI Lab meets MICE研究所-」(虎ノ門ヒルズ4F #CAFE105 TORANOMON)
3/16 「BACKSTAGE MeetUp

ほか、「BACKSTAGE2020」は今年12月21日(月)、初の冬開催宣言をいたしました!今後、FacebookTwitterからもご案内しますので、覗きにいらしてください。

今週もイベマケNewsメルマガをお読みいただきまして、ありがとうございました。

Facebook
Twitter
Website
田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。