新MICE施設 パシフィコ横浜ノースが本日開業、臨時休館へ

パシフィコ横浜ノース開業も新型コロナの影響で臨時休館へ

国内最大級のパーティが可能な多目的ホール

パシフィコ横浜に新たなMICE施設として『パシフィコ横浜ノース』が本日(2020年4月24日)開業した。同施設は国内最大規模の立食5,000人、着席2,300人のパーティーが可能な約6,300㎡の多目的ホールと42室の会議室をもつ。多目的ホールは、海外の先進的MICE施設の大型バンケットホールに倣う仕様となっており、国際・国内会議や大型インセンティブトラベルなどのMICE誘致強化に期待がかかる。

開業後、臨時休館に

4月24日にパシフィコ横浜ノースを開業するが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言にともない、そのまま臨時休館となる。事態収束後には、イノベーションが生み出される、人とひとの交流の”場”となり、日本を代表するMICE施設として、より一層の経済効果が見込まれる。

パシフィコ横浜ノース施設概要

約6,300㎡の1F多目的ホールG1~G8
「汀(みぎわ)」をイメージした外観をもち、国内最大規模約6,300㎡の多目的ホールは、海外の先進的MICE施設のバンケットルームに倣っており、大中小42室の会議室と併せて、3,000名規模の大規模な会議が開催できる複合MICE施設。既存施設(国立大ホール・会議センター・展示ホール・ホテル)とは、ペデストリアンデッキで接続している。

正式名称:横浜みなとみらい国際コンベンションセンター(Yokohama Minato Mirai International Convention Center)
通称:パシフィコ横浜ノース(PACIFICO Yokohama North)
所在地:横浜市西区みなとみらい一丁目1番2号
アクセス:みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩5分
階数:地下1階、地上6階
延床面積:約 47,000㎡
主要施設:
・多目的ホール(1F):約 6,300㎡(国内最大規模、床面カーペット仕様、最大8分割可能、天井高10m)
【最大収容人数】 スクール3,600名、シアター6,000名、立食5,000名、丸卓(着席)2,340名
・会議室(2F~4F):大中小42室 計6,185㎡(面積 78~587㎡、天井高2.4~5.7m)
【収容人数】 スクール32名~288名、シアター56名~504名
・駐車場 収容台数 普通車152台
・付帯サービス施設(2F):総合案内、礼拝室、カフェ(ドトールコーヒーショップ)、コピー&プリントコーナー
開業日:2020年4月24日(金)
URL:https://www.pacifico.co.jp/planner/facilities/north/tabid/612/Default.aspx
動画URL:https://youtu.be/8Eo97FEIPcg

国内最大規模 約6,300㎡の1F多目的ホールG1~G8

国内最大規模 約6,300㎡の1F多目的ホールG1~G8

関連記事

PR

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2023年イベント一覧

2023年の展示会一覧・イベントスケジュール

次号空間デザイン 特集

97号特集: -空間デザイン
BtoBの集客に効く戦略設計・ツール選択 (2023年7月31日発行)

--マーケターに聞く集客の目標設定と戦略
-空間デザインでの集客 <トータルプロデュースできる空間デザイン会社>
-集客ツール紹介

イベントマーケティング バックナンバー

103号
2024年1月31日発行

2024年動向を聴く 月刊イベントマーケティング103号表紙・2024年動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出とビジネスイベントの映像活用

97号|2023年7月  
空間デザイン戦略

-- プロに聞く集客できるメソッド -
96号|2023年6月  
イベントテクノロジー

-AI・XR・プラットフォーム活用で どう変わる!?
95号|2023年5月  
LIVeNT2023の歩き方

ライブ・エンターテイメントEXPO、イベント総合EXPO、eスポーツビジネスEXPO
94号|2023年4月
映像 / 照明で体感する新たな世界観

プロに聞く、イベント演出の裏側と未来
93号|2023年3月
新しいイベント会場の選び方

エリア連携と多空間利用 リアル開催成功の方程式
93号|2023年3月
新しいイベント会場の選び方

エリア連携と多空間利用 リアル開催成功の方程式
92号|2023年2月
空間デザイン・ディスプレイ 2023

今年はこうなる!?
91号|2023年1月
BACKSTAGE2022

90号|2022年12月
イベントの集客

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2023年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2023年 編集計画(特集)

5月31日95号 LIVeNT(イベント総合展)
6月30日96号 イベントテクノロジー
7月31日97号 集客・ブランディングの
    戦略・ツール・空間デザイン
8月24日98号 BACKSTAGE
    イベント企業合同説明会

カテゴリー

ページ上部へ戻る