Home » News » 赤坂の老舗に聴き、味わう未来創発フォーラム「老舗 -shinise- MAKES GOOD IDEAS」開催

赤坂の老舗に聴き、味わう未来創発フォーラム「老舗 -shinise- MAKES GOOD IDEAS」開催

10月7日、赤坂インターシティコンファレンスで「老舗 -shinise- MAKES GOOD IDEAS」が開催される。主催は日鉄興和不動産株式会社、共催赤坂インターシティマネジメント。赤坂インターシティ コンファレンス フォーラムとして企画されたもの。

東京・赤坂の歴史を司る老舗の視点と、外国人居住者の視点から未来に向けた「日本・東京・赤坂」や、魅力あるまちづくりについて赤坂に縁の深い登壇者が討論するフォーラムだ。

フォーラムは2部構成で、トークセッションは2本。トークセッション1では、「老舗の魅力と未来」をテーマに、おかきの専門店「赤坂柿山」の代表取締役川合寛妥さん、茶懐石寿司「有職」の代表取締役横田雅房さん、陶磁器うつわのセレクショショップ「陶香堂」の代表取締役吉岡聰一郎 さんが登壇。飲食店の並ぶ商店街の大きさは、東京の中でも類を見ない「赤坂」で老舗の歴史を継承する銘店の代表が未来を語る。トークセッション2には、「グローバルに発信したい東京のホスピタリティとは」をテーマに、9月にリニューアルオープンをしたばかりの「The Okura Tokyo」からThe Okura Tokyo 営業本部 営業企画部部長の服部 崇さんと、ハイブランドマンションシリーズ「HOMAT」の管理運営をするサン商事 代表取締役社長の伊原聡さんが登壇。ともに、海外からの滞在を支える立場として、ホスピタリティの本質を聴く内容となる。

第二部のネットワーキングは、赤坂老舗銘店とThe Okura Tokyoのコラボ企画「オークラカフェ」を展開。とらや×赤坂柿山×松月×土橋園×陶香堂が、同フォーラム限定のカフェとしてThe Okura Tokyoを再現、体験できるよう用意する。

 

「都市の在り方」が大きな転換期を迎えているいま、東京2020に向け、東京の都市再生が加速するなかグローバルシティ”東京”のあるべき姿は何か、未来へ向けたアイデアが集まる場となりそうだ。

 

赤坂インターシティ コンファレンス フォーラム「老舗 -shinise- MAKES GOOD IDEAS」

日時:2019年10月7日(月)14:00〜18:00*受付開始13:00〜/開場13:30〜

会場:赤坂インターシティコンファレンス

プログラム内容

14:00〜第一部トークセッション

・「老舗の魅力と未来」(株式会社赤坂柿山・株式会社陶香堂・株式会社有職)

・「グローバルに発信したい東京のホスピタリティとは」(The Okura Tokyo・サン商事株式会社)

16:30〜第二部ネットワーキング(懇親会)

・「オークラカフェ」(とらや×赤坂柿山×松月×土橋園×陶香堂によるコラボ企画)

主催:日鉄興和不動産株式会社
共催:赤坂インターシティマネジメント
協力:株式会社インフィールド

申込み方法:無料、事前登録制(当日参加可)*当日は受付にて名刺2枚を持参のこと

事前登録https://aicc1007shinise-forum.peatix.com/

 

樋口陽子

樋口陽子

樋口陽子  月刊イベントマーケティング 編集長 MICE 研究所「イベントは体験提供の場」として、イベント現場で体当たり取材を行っている