Home » News » -いま改めて見直されている「しっかり噛む」ことの大切さ- 6月1日 昔は『歯固めの日』、今は 『チューインガムの日』

News timeline

-いま改めて見直されている「しっかり噛む」ことの大切さ- 6月1日 昔は『歯固めの日』、今は 『チューインガムの日』

日本チューインガム協会(会長:牛膓栄一、加盟18社)は、1994年より「歯固め(はがため)の祝い」に習って、6月1日を『チューインガムの日』と制定している。今年も「噛むことの大切さ」を見つめ直すことと、チューインガムのマナー向上を目的とし、5月27日(日)お台場ヴィーナスフォートにて、『チューインガムの日』イベントを開催する。

<チューインガムの日イベント実施概要>
●タイトル           『チューインガムの日』
●実施日               平成30年5月27日(日)
●実施時間            13:00~18:00
●実施会場            お台場  ヴィーナスフォート2階 教会広場(〒135-0064東京都江東区青海1-3-15)
https://www.venusfort.co.jp/
●実施内容
13:00~13:30 ガムカムトーク・スタジアム
登壇者:元サッカー日本代表 永島昭浩氏、日本スポーツ歯科医学会理事 武田友孝氏
13:30~18:00 ガムカム・キックターゲット、チューインガムの展示&サンプリング等
チューインガムを噛むことは「口臭除去」や「眠気防止」だけでなく、「集中力アップ」、「脳の活性化」、「顎と歯の強化」、「ダイエット」など様々な効果・効能があることが、研究の結果認められている。『チューインガムの日』イベントを通して、噛むことの大切さ、健康の大切さ、現代におけるマナーの重要性を広く一般の方々に啓発する。