Home » News » ハイブリッド型ショーケースで全国各地をつなぐ「MICEフューチャーアクション―新たな日本のMICEショーケース」

ハイブリッド型ショーケースで全国各地をつなぐ「MICEフューチャーアクション―新たな日本のMICEショーケース」

7月24日、ハイブリッド型ショーケース形式で、東京をメイン会場に、全国各地をつないで「MICEフューチャーアクション ―新たな日本のMICEショーケース」が開催される。

新型コロナウイルスや緊急事態宣言、渡航制限の影響で、苦境に立たされている国際会議・MICEだが、コロナ対策ガイドラインに基づいたMICEショーケースを全国のMICE施設、自治体、コンベンションビューロー、関連企業が連携して開催。

現在、下記の12都市の参加が決定している。
札幌、仙台、つくば、東京、静岡県東部地域、名古屋、愛知、富山、大阪、岡山、松山、沖縄。

今回はハイブリッド型ショーケースで、東京をメイン会場に、全国各地をつないで実施する形で、全国各地のリアル会場への参加のほか、オンラインによる参加もできる。

参加者は、学会関係者、企業ミーティングのご担当者、主催者、インセンティブ・ツアー担当者をはじめ多くのMICE関係者。

7月24日のプログラムでは、12時から受付登録開始、13時開会。

13:10~13:30「開催地主催者挨拶・プログラム等説明」

13:30~14:10  基調講演「新しい国際会議・MICEのあり方とは」(APU立命館アジア太平洋大学 学長 出口 治明氏

14:25~15:15 パネルディスカッション「今、インバウンド・MICEの戦略的重要性を考える」

○モデレーター
北海道大学観光学高等研究センター 客員教授 臼井冬彦

○パネリスト
・セントラルフロリダ大学ローゼン・ホスピタリティ
経営学部 テニュア付准教授  原 忠之 様

日本政府観光局(JNTO)参与/日本コングレス・コンベンションビューロー(JCCB)事務局長
小堀 守

16:30~18:00  全国総括リレー

(オンラインで各地を結ぶ)参加各地の動画等による報告
総括 日本コンベンション研究会 会長 石森 秀三氏
進行 日本コンベンション研究会 幹事長 藤田 靖氏

といった内容となっている。

オンライン参加登録はこちら

概要

開催日:2020年7月24日(金・祝)
メイン会場:六本木アカデミーヒルズ 49F タワーホール
参加費:無料

▼MICE FUTURE ACTION 2020紹介動画

樋口陽子

樋口陽子

樋口陽子  月刊イベントマーケティング 編集長 MICE 研究所「イベントは体験提供の場」として、イベント現場で体当たり取材を行っている