Home » News » 感染症対策をデザインする展示会『NEW NORMAL, NEW STANDARD』が東京と大阪で開催

感染症対策をデザインする展示会『NEW NORMAL, NEW STANDARD』が東京と大阪で開催

感染症対策をデザインする展示会『NEW NORMAL, NEW STANDARD』が東京と大阪で開催

10月6日から10日まで東京・表参道のTIERS GALLERY(ティアーズギャラリー)、10月29日から11月4日まで大阪・松屋町のPage Gallery(ページギャラリー)で、感染症対策をデザインする展示会- NEW NORMAL, NEW STANDARD」が開催される。

新型コロナウイルス感染症対策品にデザイナーが少し手を加えて、店舗やホテル、美術館等の空間の美しさを損なわないものに。デザイナーとものづくり企業が手を組み、パーテーションやフェイスガード等のプロダクトや空間を提案する。

参加デザイナー:浦田孝典、中込明、江口海里、西尾健史、イトウケンジ(MUTE)、土井智喜
主催:     NEW NORMAL, NEW STANDARD実行委員会 土井 智喜 浦田 孝典
特別協力:   荒川技研工業株式会社、株式会社 DOUBLE-H
協力:     日本コパック株式会社、株式会社摂津金属工業所、未来テクノ株式会社、大光電機株式会社、アイティーエル株式会社
WEB:     https://newnormalnew.com

■主なプロダクト

1、WITH PARTITION(デザイン:土井 智喜、製造企業:荒川技研工業 株式会社,
株式会社 DOUBLE-H)
荒川技研工業の金具「アラカワグリップ」を用いた吊り下げ式パーテーション。一般的な四角形の樹脂シート「色を付ける」「重ねる」など、簡単な操作でパーテーションやそれを設置する空間にちょっとした彩りを与えられないかと考えた。「アラカワグリップ」は任意の位置に簡単に確実に固定できるフレキシブルな金具であるため、樹脂シートも薄く軽く扱いやすいものとしている。状況に合わせてシートの付け替えや金具の転用も可能である。

2、MOUTH SCREEN (デザイン:浦田 孝典、製造企業:株式会社 DOUBLE-H)
現在社会問題となっている感染症対策と夏場のマスク着用による熱中症対策の両立を目的とした飛沫飛散防止対策の為にデザインした “ MOUTH SCREEN ”
表情が見え、長時間の使用でもストレス無く使用できるデザイン。(写真は、UVカットミラーフィルムタイプと透明タイプ)装着方法は耳掛け、ヘッドバントの2通りから使用シーン合わせて選ぶ事が可能。
アーティストとのコラボレーションにより様々な柄も展開。2020年5月の発売以来、神奈川県湘南の西浜ライフセービングクラブでの採用を始め、モデルやジム、子供等幅広いシーンで使用されている。

開催概要

NEW NORMAL, NEW STANDARD-感染症対策のデザイン展- 東京展
日時 2020年10月6日(火)~10月10日(土) 12:00~19:00
会場 TIERS GALLERY(荒川技研工業本社ビル 3 F)
住所 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-7-12
電話 03-5774-8190

NEW NORMAL, NEW STANDARD-感染症対策のデザイン展-大阪展
日時 2020年10月29日(木)~11月4(水) 12:00~19:00
場所 Page Gallery (KAIRI EGUCHI DESIGN 1F)
住所 542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目14−8
電話 06-4392-7970

東京展会場_TIERS GALLERY by arakawagrip
荒川技研工業が、東京・表参道 にオープンしたクリエイターのためのスペース。この空間に様々な人が訪れることによって、建築・プロダクト・インテリア・グラフィック・ファッション・アートなどの領域を超えて、様々な出会いと反応が起こることを期待し、クリエイターの発表・交流の場として2017 年に開設。
https://www.arakawagrip.co.jp/tiersgallery/

大阪展会場_Page Gallery
プロダクトデザイナー江口海里が2018年、開始したギャラリープロジェクト。「デザインの世界の最初の1ページ目」を創出することをコンセプトに、デザインに関わったことが無い人にデザインの世界を拡げることを目的とし、デザインギャラリーを不定期で大阪にて展開中。デザイナーとしての視点、素材からの発想、飲食業をはじめとする他の業種とのコミュニケーションにより生み出されるデザインを展示、販売している。

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts