暗記から問題解決に重点移す ~国際MICE資格CMP~

MPI Japan Chapterは9月30日、六本木アカデミーヒルズで、今期第1回セミナーを開催、約60人が参加した。「~JAPAN MICEのグローバル化の中で、今、最も注目される国際資格CMP(Certified Meeting Professional)~」をテーマに、CMP取得者で、問題作成委員でもある日本コンベンションサービスのMICE都市研究所主任研究員西本恵子氏が、CMP取得のメリットや勉強方法、新しくなった近年の問題の傾向を語った。

MPICMPMakikoKaicho開催に先立ち、MPI Japan Chpterの山本牧子会長が、MPIの概要を説明。世界22か国に1万8500人の会員をもつ規模や、会員全体のバイイングパワーが230億USドルに上り、86%の会員がMPIの会員と取引をしていることなど、その大きな影響力を語った。

 

講演の冒頭に西本氏はCMP取得のメリットとして、国際的信用を得られること、イベント業務を体系的に理解できること、英語での専門用語の理解、国際的なネットワーキングをあげた。

MICMPNishimoto合格に向けた学習については、重ねると9㎝になるほどのテキストの量や300時間の勉強が必要だったが、昨年の問題改定により約2/3ほどの勉強量で合格ラインに届くのではという見解を語った。また問題の内容については、暗記問題(Recall)に重点をおいた過去の出題傾向から、現場での対応法(Application)や分析・問題解決(Analysis)を重視するようになっていることを説明。講演の後半では、各ドメインの試験での比重や出題傾向について詳細に解説した。

また、来年2月15・16日の両日六本木アカデミ―ヒルズでCMPブートキャンプを実施する予定を明らかにした。

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る