Home » MICE » アバターで世界から参加できる「avatar MICE」の実証イベントを日本橋で

アバターで世界から参加できる「avatar MICE」の実証イベントを日本橋で

アバターで世界から参加できる「avatar MICE」

ANAグループのavatarin株式会社(代表取締役CEO:深堀 昂 氏)と三井不動産株式会社(代表取締役社長:菰田 正信氏)は、アバターを通じて世界中から参加できる新しい形のイベント開催を目指し、「avatar MICE」の実証を開始する。

「avatar MICE」とは、既存カンファレンス施設とアバターを組み合わせた新しいMICEの形。アバターを活用してリアルの場で偶然起こるセレンディピティや人間味のあるコミュニケーションや空間のそのものを伝送することで、現行のオンライン会議ツールでは実現が難しい新しい形のイベントの実現を目指す。

実証の第1弾は、金融庁と日本経済新聞社が主催するBG2C FIN/SUM BBにて実施。8月24日、25日に室町三井ホール&カンファレンスで実施予定の一部セッションで、登壇者やチケット購入者を含む参加者の一部に向けて、会場にavatarinが独自開発した普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」を設置する。

新型コロナウイルスの影響によりリアルに集うことが困難な状況下においても、参加者には遠隔でのセッション参加やネットワーキングの機会を、メディアパートナーには遠隔での囲み取材の機会を提供する。

avatarinはサービスの企画・立案とnewmeを含むアバタープラットフォーム「avatarin」の提供を、三井不動産は室町三井ホール&カンファレンスの場を提供し、登壇者と参加者間のネットワーキングを促進していきます。

新型コロナウイルスの影響でバーチャルな学会やカンファレンスが増加し、リアルな開催に比べて参加者同士のコミュニケーションが大幅に減少するなどの課題が上がっている。また、日本が積極的に誘致を目指しているMICEは、“たくさんの人と情報が一堂に集まる行事”であり、これらを開催することで“大きな経済効果や新たなイノベーション(技術革新)を生む可能性を秘めている”とされており、avatarinと三井不動産はアバターを活用した遠隔コミュニケーションの体験を提供することでMICEの発展に寄与していく。

今後、avatarinと三井不動産は、室町三井ホール&カンファレンスにとどまらず、日本橋三井ホールや宇宙ビジネス拠点X-NIHONBASHIなど、日本橋エリア内における各種カンファレンス施設において「avatar MICE」を導入、イベント主催者がインフラとしてアバターを活用可能なカンファレンス施設として整備していく。「宇宙」分野の産業創造を目指す日本橋の街全体に、リアルとデジタルが融合した新たなコミュニケーションの形を提示する。

 

◆BG2C FIN/SUM BB開催概要

名 称:Blockchain Global Governance Conference -BG2C­-
FIN/SUM Blockchain & Business -FIN/SUM BB-
主 催:金融庁、日本経済新聞社
参加者:国内外の政府・公的機関、ブロックチェーンのスタートアップ、研究機関、研究者、大学関係者、金融機関、IT企業、メディア、学生など
日 時:2020年8月24日(月)、25日(火)
会 場:室町三井ホール&カンファレンス
特別協賛:三井不動産株式会社

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts