「EVO Japan 2018」大会参加概要を発表  2018年1月26日(金)~28日(日)開催

EVO Japan実行委員会LLPは、2018年1月26日(金)から28日(日)にかけて開催される「Evolution Championship Series:Japan 2018」(以下、EVO Japan 2018)について参加エントリー方法などの参加要綱について、2017年9月15日のTwitch配信チャンネル『Daigo the BeasTV』上にて発表した。

公式サイト: http://evo-japan.net/2018

●「Evolution Championship Series」(略称:EVO)とは
Evolution Championship Seriesは、世界中から集結したプレイヤー達が、格闘ゲームの頂点をかけて競い合う世界最大級の格闘ゲーム大会。EVOは、1995年から20年以上にわたって開催されており、昨年2016年にアメリカ・ラスベガスで開催されたEVO 2016には、のべ1.5万人を超えるプレイヤーが参戦。また、決勝の模様はアメリカのスポーツ専門チャンネルであるESPN2でも放映され、ユニーク視聴者数190万人以上を記録、全世界が注目するゲームイベント。
日本においても注目度は高く、日本からのネット視聴アクセス数は、全世界で2番目となる、140万アカウント以上にも及ぶ。

●「EVO Japan2018」開催概要
タイトル  : Evolution Championship Series:Japan 2018 (略称:EVO Japan 2018)
会期・時間 : 2018年1月26日(金)~1月28日(日) ※開場時間未定
会場    : 予選会場:池袋サンシャインシティ文化会館ビル4F 展示ホールB (東京都豊島区東池袋3丁目1番1号) ※最寄駅 池袋駅、東池袋駅
決勝会場  : 秋葉原UDXアキバ・スクエア (東京都千代田区外神田4丁目14番1号) ※最寄駅 秋葉原駅
大会参加方法: エントリーサイト「smash.gg」https://smash.gg/tournament/evojapan2018
公式サイト : http://evo-japan.net/2018
公式SNS   : @EVOJapanNews(Twitterアカウント)
主催    : EVO Japan実行委員会LLP
運営事務局 : EVO Japan運営事務局(ソニー・ミュージックコミュニケーションズ内)

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る