Home » News » 「音」の可能性に着目した体験型イベント『サウンドデザインフェスティバル 2017』 12/9・10開催

「音」の可能性に着目した体験型イベント『サウンドデザインフェスティバル 2017』 12/9・10開催

ユネスコ音楽都市はままつ推進事業実行委員会/浜松市は、2014年12月にユネスコ創造都市ネットワークの音楽分野へ加盟したことを契機とし、音楽の多様性と創造性を追求するため、2016年に「サウンドデザインシンポジウム」を開催。このシンポジウムで得られた成果を具体的に展開するため、「音」の可能性に着目した浜松市として初めての試みである『サウンドデザインフェスティバルin浜松2017』を2017年12月9日(土)~12月10日(日)にアクトシティ浜松展示イベントホールにて開催する。

【概要】
名称   : サウンドデザインフェスティバルin浜松2017
日時   : 2017年12月9日(土)~12月10日(日)両日10時~17時
料金   : 無料
場所   : アクトシティ浜松 展示イベントホール(JR浜松駅から徒歩5分)
公式サイト: http://www.hcf.or.jp/sdf2017/
主催   : ユネスコ音楽都市はままつ推進事業実行委員会/浜松市

【ワークショップ参加申し込み】
楽曲制作ワークショップ「世界にひとつだけの歌~オリジナル曲を作ろう~」のみ公式ウェブサイト申込みフォームにて受付。
申込みフォーム: http://www.hcf.or.jp/sdf2017/form/
そのほかは会場にて当日会場での参加受付。

【出展】※順不同
《楽器メーカー等》ヤマハ株式会社、ローランド株式会社、株式会社河合楽器製作所、浜松ホトニクス株式会社、ゼンハイザー有限合資会社、株式会社ベストブラス、有限会社マンダリンエレクトロン、有限会社安藤太鼓店、昭和楽器製造株式会社、江崎ギター工房、ATV株式会社、株式会社rimOnO 他

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。