Home » News » 東欧・中東・東アジアへの物流拠点アゼルバイジャンで史上最大のJAPAN EXPO開催

東欧・中東・東アジアへの物流拠点アゼルバイジャンで史上最大のJAPAN EXPO開催

「今アゼルバイジャンが熱い!」油田・天然ガスにより経済発展著しいアゼルバイジャン。親日国と知られると共に、東欧・中東・東アジアへの物流拠点として期待されていることも知られている。日本からの直行便も小松、関空より就航し、注目度が増加している地域、欧州に残された数少ないブルーオーシャン市場”アゼルバイジャン”にて最大規模の展示会が開催される。

「アゼルバイジャンJAPAN EXPO2018」
主催          アゼルバイジャンJAPAN EXPO 実行委員会
会期          2018年7月12~14日
出展ブース       2会場  SAKURA会場、FUJI会場(野外展示会場)
出展日本企業予定数   300社
来場予定者数           60,000名(うち法人数20,000社)

d32113-1-490871-1d32113-1-329150-2

開催概要
アゼルバイジャン政府、大統領府の協力のもと日本の商品やサービスに関心の高いアゼルバイジャンの企業、一般消費者、政府系機関を約20,000社、約60,000人が来場予定。
出展企業には特典としてアゼルバイジャン大手流通企業への個別商談会の特権あり。
※出展社については平成30年度小規模事業対策推進事業にて補助上限500万円の対象。(全国商工会議所が申請、受給)

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。