国内初のシェアリングのビジネスマッチングイベント 東京ビッグサイトにて11月20日(火)~22日(木)開催

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村 正己)は、2018年11月20日(火)~22日(木)に、東京ビッグサイト(江東区有明)で、国内初となるシェアリングエコノミーに関するビジネスマッチングイベント「シェアリング Meetup Tokyo 2018(シェアリング ミートアップ トウキョウ)」を初開催する。本イベントは、シェアリングビジネスに関するあらゆる事業者と利用者が集うマッチングイベントで、『シェアリングに関するビジネスを立ち上げたい・参入したい個人・事業者』から、『サービスを賢く使いこなし、遊休資産を収入源に変えたり、従来コストを削減したい個人・事業者』、また、これらサービスを支えている『ICTテクノロジー』や、『代行や支援といった周辺サービス』など、様々な立場でシェアリングエコノミーに携わる人に向けて、必要なサービス、システム、ノウハウとの出会いを創出するもの。

■出展対象製品やブースの詳細は公式ホームページ https://www.jma-sharing.com/

〈開催概要〉
名称    :シェアリング Meetup Tokyo 2018
会期    :2018年11月20日(火)~22日(水)の3日間 10:00~17:00
会場    :東京ビッグサイト 東ホール
主催    :一般社団法人日本能率協会
予定展示規模:100社/200ブース
予定来場者数:5,000名
来場方法  :¥3,000(ただし「招待券」をお持ちの方、WEBからの来場事前登録者は無料。)
出展対象  :シェアリングサービス提供者(プラットフォーマー)、シェアリングサービスのためのシステム・アプリ・EC制作会社、シェアリングサービス周辺ビジネス事業者(代行、保険、通訳など)、遊休資産を保有する事業者など
来場対象  :シェアリングビジネス提供/新規参入検討事業者、遊休資産を保有する事業者・個人・自治体、エンドユーザー(事業者・個人)など

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る