世界中からの最新テクノロジーが集まるCES2019ユーレカ・パーク(Eureka Park)での出展をサポート!日本のスタートアップ企業を世界へ送り出す「JAPAN TECH」出展募集がスタート

株式会社クリエイティヴ・ヴィジョン、株式会社フィラメント、株式会社大広の3社は、共同で日本を代表するパビリオン「JAPAN TECH」を、2019年1月8日~11日の4日間、アメリカのネバタ州、ラスベガスで開催予定の、世界最大級のテクノロジー見本市におけるCES2019での出展企業の募集を2018年6月5日から開始する。JAPAN TECH PROJECTは、日本国内のスタートアップ企業の最新のテクノロジーを世界へ発信するための支援をおこなう活動。本年は、世界の多くの投資家や企業が足を運ぶユーレカ・パーク(Eureka Park)に出展スペースを用意。出展サービスの内容や応募についての理解を深めてもらうため、2018年6月5日(東京)、7日(大阪)で説明会を開催する。

  • 「JAPAN TECH」出展説明会への参加について

・開催内容
CES2019 JAPAN TECH スタートアップ企業出展説明会
・開催日時/会場

【東京】 【大阪】
2018年6月5日(火)
19:00~(18:30受付開始)
DMM.make AKIBA
(https://akiba.dmm-make.com/)
東京都千代田区神田練塀町3
富士ソフト秋葉原ビル
2018年6月7日(木)
19:00~(18:30受付開始)
The DECK
http://thedeck.jp/
大阪府大阪市中央区南本町2-1-1 1F

・参加申込み方法:https://ces-japantech.jp/exhibit/
・料金:無料

  • CESについて

CESは、「Consumer Electronics Show」つまり「家電展示会」として始まり、昨今のIoTの流れを受けて家電の枠を越えた新しいテクノロジーまでを含む展示会に成長した世界最大の展示会。
(名称もConsumer Electronics Showではなく、現在はCESをそのまま名称としている)
主催は、CTA(全米民生技術協会)。
51年目を迎えた2018年には、28万㎡に及ぶ展示面積の中に3,900を越える展示ブースと300を越えるセッションプログラムを擁し、2万点を越える新製品の発表が行われた。
入場できるのは、メーカー、バイヤー、投資家、メディア等、業界関係者のみ。
商談や販売機会の拡大、クラウドファンディングを含む投資の呼び込み、技術交流、スタートアップ立ち上げの相談からリクルーティングまで。真剣に新しいビジネスを生み出そうとする場所となっている。

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る