Home » News » 生まれ変わった「第11回川崎国際環境技術展」と「未来を創る川崎イノベーション展」出展者募集中

生まれ変わった「第11回川崎国際環境技術展」と「未来を創る川崎イノベーション展」出展者募集中

環境分野における優れた技術やノウハウを川崎から国内外に広く情報発信し、出展者の皆様の市場開拓や販路拡大につながるビジネスマッチングの場を提供する国際展示会「川崎国際環境技術展」が会場変更を機に生まれ変わる(Reborn)!

初の併催展示会となる「未来を創る川崎イノベーション展」と同時に出展者を募集中。

1 日  程
平成31年2月7日(木)・8日(金) 両日とも10:00~17:00 

2 会  場
カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)
※川崎市川崎区富士見1-1-4 JR川崎駅・京急川崎駅より徒歩約15分

3 募集期間
平成30年7月18日(水)~10月19日(金)

4 今回の特徴
Reborn1 会場が「カルッツかわさき」に変更
・川崎駅から徒歩圏内の会場に変更し、アクセスが大幅改善
・昨年10月に開館した新施設。大体育室・小体育室・ホールなど全館にて、さまざまなイベントを実施予定

Reborn2 初の展示会「未来を創る川崎イノベーション展」を併催
・川崎の情報通信やIoT、ロボット等のイノベーションやものづくりの素晴らしさを市民・地域をはじめ、国内外に広く発信する展示会を同会場にて併催
・さまざまな産業分野と環境技術との連携・共創等につなげ、市内企業の発展を促進

Reborn3 初のコラボレーション企画「きて・みて・つながる! 低炭素杯2019」を開催
・初の外部とのコラボ企画。2月8日(金)にカルッツかわさきのホール会場で開催
・低炭素社会づくり活動や地球温暖化防止に取り組んだ内容を競い合う。
数多くの応募団体(全国の市民・企業・学校・自治体など)の中から選ばれたファイナリスト28団体が優れた取組やノウハウを発表するコンテスト
・低炭素杯URL:https://www.zenkoku-net.org/teitansohai/

5 開催規模(実績ベース)
来場者 約16,000人(関連イベント含む)
出展ブース 255ブース(川崎国際環境技術展・イノベーション展の合算)

6 出展申込方法
川崎国際環境技術展ホームページから。
URL  http://www.kawasaki-eco-tech.jp

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。