2018年11月2日(金)より池袋パルコ本館7階「PARCO MUSEUM」にて ムンク展開催記念特別企画「ニュウ・ムンク展」開催

10月27日(土)から東京都美術館にて「ムンク展—共鳴する魂の叫び」が開催される。世界で最もよく知られる名画の一つ<叫び>を描いた西洋近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンク(1863-1944)の傑作約100点を紹介する大回顧展。今回、その開催を記念し、ムンクの世界観に共鳴した現代のクリエイターたちによる展覧会を実施する。参加するアーティストは青葉市子、白根ゆたんぽ、テニスコーツ、JUN OSON、小林うてな など国内外のカルチャーシーンで存在感を放つ22名が決定。音楽、映像、イラストレーションなど様々な手法でムンクにインスパイアされた思いを表現する。また、11月2日(土)の会期スタートに先駆け、関係者・メディア向けのレセプションを開催。添付よりフォーマットをダウンロード・記入の上、E-mailもしくはFAXにて受付中。

◆開催概要
イベント名「ニュウ・ムンク展」
会 期 :2018年11月2日(金)〜2018年11月18日(日)
営業時間:10:00-21:00
※最終日は18:00閉場 ※入場は閉場の30分前まで

会 場 :PARCO MUSEUM (池袋PARCO 7階)
入場料 :一般500円 学生400円 小学生以下無料
※ムンク展—共鳴する魂の叫び」のチケット半券をお持ちの方は入場半額

<参加アーティスト一覧>
青葉市子、稲葉秀樹、オオルタイチ、Kynd、北村みなみ、木下麦、クイックオバケ、Gutevolk
窪田慎、小林うてな、JUN OSON、白根ゆたんぽ、テニスコーツ、とんぼせんせい、中間耕平、
中村佳穂、平岡政展、face、巻上公一、Mr. “All Bad” Jordan a.k.a. OMSB 、師岡とおる、よシまるシン

主催:パルコ 企画制作:P.I.C.S.
展覧会ディレクション:TAKCOM 会場構成:中原崇志
技術協力、音楽エリア展示制作:aircord
グラフィックデザイン:佐々木俊 機材協力:FRAMED
公式サイト:https://art.parco.jp/

◆レセプション開催概要
日時:2018年11月1日(木) 18:00開場 (21:00終了予定)
会場:PARCO MUSEUM (池袋PARCO 7階)
〒171-8557 東京都豊島区南池袋1-28-2
返信締切:10月29日(月)締切

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る