Home » News » 第2回開催 アート・音楽・食 の総合祭『Reborn-Art Festival 2019』2019年8月3日(土)〜9月29日(日) 58日間開催

News timeline

特集
4月 2, 2019

特集 新しい会場 新しいカタチ

海外リポート
3月 21, 2019

UFI アジアパシフィックカンファレンスレポート

特集
3月 2, 2019

特集 クライアントと創る空間デザイン

News
11月 12, 2019

カードゲームとレゴによる対話でSDGs時代のリーダーシップを考える

Interview
11月 6, 2019

三方良しの日本型シェアリングエコノミーへ-「SHARE SUMMIT 2019」

News
11月 6, 2019

グローバルスタートアップイベント「BARKATION by BARK」が開催決定

Interview
11月 4, 2019

日本の文化を生かしたIRができるのは和歌山だけ
サンシティグループのアルヴィン・チャウCEOが会見 

EVENT MARKETING 展示会
11月 4, 2019

IR企業や誘致自治体などが一堂に
 IRゲーミングエキスポ2019開催 

expo study meeting
10月 31, 2019

expo study meeting vol.03 ライゾマティクス齋藤精一と考える「万博」の前後左右レポート

News
10月 25, 2019

500機ドローン舞う 体験型ナイトショー「東京モーターショー」で

top
10月 24, 2019

赤坂インターシティ コンファレンスフォーラム 「老舗 ~SHINISE~ MAKES GOOD IDEAS」イベントレポート

News
10月 18, 2019

NoMaps2019 未来という名の最高峰 ルートはひとつではないと教えてくれる

イベミラReport
10月 4, 2019

#LOCAL Meetup 第2回:神奈川県逗子市 財政難と老舗店の跡地利用を考える

第2回開催 アート・音楽・食 の総合祭『Reborn-Art Festival 2019』2019年8月3日(土)〜9月29日(日) 58日間開催

昨年、宮城県石巻市・牡鹿半島を中心に51日間にわたって初開催された「アート」「音楽」「食」による前代未聞の総合祭『Reborn-Art Festival 2017(リボーンアート・フェスティバル ニーゼロイチナナ)』は延べ26万人が来場、地元の協力によって、大盛況にて幕を閉じることが出来た。自然が持っている様々な力と魅力溢れるアート作品・51日間鳴り続けた音楽・全国の指折りのシェフによる食、そしてそれに関わる人たちによってたくさんの化学反応が起きたことで「簡単にマニュアル化の出来ない生きる実感」を伝えられたフェスに。第2回開催となる2019年は、震災という途方もない自然の脅威や資本主義が勢いを増していく現在の世相に対抗する動きや循環、そこで感じることができる「いのちのてざわり」をテーマに2019年8月3日(土)〜9月29日(日)、58日間にわたって開催されることが決定。今回は新たな試みとしてマルチキュレーター制を採用。各エリアごとに、それぞれのキュレーターが選んだアーティストたちのアート作品が展示。さらに網地島エリアが追加されて、アート作品展示エリアが拡大される。

【「Reborn-Art Festival 2019」 公演概要 】
●名 称:Reborn-Art Festival 2019 (リボーンアート・フェスティバル ニーゼロイチキュウ)
●日 程:2019年8月3日(土)~9月29日(日)※網地島エリアは8月20日(火)より開催
●会 場:牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾
(宮城県石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、女川町)
●主 催:Reborn-Art Festival 実行委員会、一般社団法人APバンク
●共 催:宮城県、石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社、ヤフー株式会社
平成30年度文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
●問い合わせ:Reborn-Art Festival運営事務局 E-mail:info@reborn-art-fes.jp
●オフィシャルウェブサイト:http://www.reborn-art-fes.jp/