Home » News » 大田区の和をむすび こころをつなぐ日本伝統文化の宝箱まるごと1日、日本の伝統文化を楽しもう!!「おおた和の祭典2019」開催

大田区の和をむすび こころをつなぐ日本伝統文化の宝箱まるごと1日、日本の伝統文化を楽しもう!!「おおた和の祭典2019」開催

公益財団法人 大田区文化振興協会(所在地:東京都大田区)は、さまざまな日本の伝統文化を1日で体験することができる「おおた和の祭典2019」を3月21日(木・祝)に開催する。大田区下丸子の公立文化施設・大田区民プラザ全館を使って開催する本イベントは今回で3回目。ホールや展示室だけでなく、和室や茶室、体育室など館内を最大限に活用して実施する。

【おおた和の祭典 2019 https://www.ota-bunka.or.jp/

一日を通して、日本の伝統文化を体験できる貴重な時間!

「おおた和の祭典2019」では、大田区で活動する伝統文化系団体の皆様が協力して箏、三味線、尺八、小鼓、太人間国宝・筝曲家米川文子先生鼓をはじめ、書道、茶道、華道、日本舞踊、和太鼓の指導をしながらイベントを盛り上げる。“日本の伝統を受け継ぐ子ども達”と題し、大田区立東調布中学校の生徒が箏・三味線を演奏し、大田区立道塚小学校の生徒が日本舞踊を披露。注目は、東調布中学校の生徒と大田区在住の人間国宝・筝曲家である米川文子先生による「六段の調」の共演。その他にも、獅子舞や演芸などさまざまな日本の伝統文化が大田区民プラザに集結するだけでなく、『痛快!ねぎぼうずのあさたろう』でおなじみの絵本作家・飯野和好さん本人による読み語りコンサートも開催。読み手にテレビアニメ『うる星やつら』のラム役でおなじみの平野文さんも加わり、楽しい掛け合いにも注目。

​ イベント開催概要】
■日時:2019年3月21 日(木・祝)10 時開場
■会場:大田区民プラザ 全館
東京都大田区下丸子三丁目1番3号)
■アクセス:東急多摩川線「下丸子」駅前
東急池上線「千鳥町」徒歩約7分
■入場料:無料(※一部有料)
■主催:大田区、公益財団法人大田区文化振興協会
https://www.ota-bunka.or.jp/
■協力団体:大田区華道茶道文化協会、大田区郷土芸能保存会、大田区三曲協会、大田区書道連盟、大田区太鼓連盟、大田区日本舞踊連盟、大田区邦楽連盟
■制作協力:NPO法人アークシップ、ヒガ・アーツ&メタル株式会社、スター楽器株式会社
■お問い合わせ:
公益財団法人 大田区文化振興協会 文化芸術振興課
TEL: 03-3750-1611

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。