Home » News » 第31回多摩シンポジウム「COMMUNITY×DESIGN×SOCIAL INNOVATION デザインとソーシャル・イノベーションの視点から地域を考える」開催

第31回多摩シンポジウム「COMMUNITY×DESIGN×SOCIAL INNOVATION デザインとソーシャル・イノベーションの視点から地域を考える」開催

法政大学では、多摩キャンパスに所在する学部(経済学部・社会学部・現代福祉学部・スポーツ健康学部の4学部)が日常的に行っている教育・研究活動の成果である「知」の地域還元として、地域の方々を対象に毎年シンポジウムを開催している。2015年度はその31回目。

今回は「デザインとソーシャル・イノベーションの視点から地域を考える」と題して、地域の社会的課題の解決のために求められる、問題の本質発見、解決のためのアイデア創出、ビジネスモデル構築、それらの本質を多様なステイクホルダーに伝えるためのデザインについて解いていく。

メインスピーカーは、「社会や未来により良い変化をもたらすためのデザイン(ソーシャル・イノベーション・デザイン)」を追求し、そのデザイン性からも話題になった東京都の防災手引き『東京防災』も手掛けたデザイナーの太刀川 英輔氏、ゲストスピーカーにはオフィス関連企業で国産間伐材を使った家具ブランドを立ち上げた山川 知則氏を迎え、本学現代福祉学部 土肥 将敦准教授(ソーシャル・イノベーションが専門)がモデレーターでセッションを進める。

【開催概要】
日時   :2015年11月27日(金) 18:00~21:30 (開場17:30)
会場   :AWkitchen FARM 多摩センター店(東京都多摩市山王下2-2-2)
(最寄駅:京王多摩センター駅/小田急多摩センター駅徒歩12分)
*当日は上記最寄駅から送迎バスの運行も予定(要事前申し込み)
主催   :学校法人法政大学
スピーカー:メインスピーカー 太刀川 英輔氏
(NOSIGNER CEO/デザインストラテジスト)
ゲストスピーカー 山川 知則氏(株式会社文祥堂 CSR事業室)
モデレーター 土肥 将敦(本学現代福祉学部准教授)
プログラム:17:30~18:00 開場・受付
18:00~20:00 トークセッション
20:00~21:30 オープンダイアログ WITH FOOD&DRINK
参加費  :無料(軽食・ドリンク付き)
定員   :100名(定員を超えた場合は抽選)
申込方法 :締切日2015年11月11日(水)
メールアドレス[ hosei.tama2015@gmail.com ]
(1)名前(ふりがな)(2)連絡先(3)所属(4)送迎バス利用有無

・詳細はTwitter[@hoseitama2015]でも随時配信中。

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。