東京ビッグサイト東展示棟2021年秋まで貸出休止へ

東京ビッグサイト外観

4月20日、東京ビッグサイトは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(五輪)延期に伴う貸出休止期間の大幅変更について発表した。

東京ビッグサイトでは、東展示棟、西・南展示棟と会議棟、青海展示棟と全館が五輪で利用されることから、2020年はそれぞれに貸出休止期間を設けていた。

今回の大幅変更では、東展示棟(全8ホール・66,140㎡)が、期間の延長を発表。五輪でIBC(国際放送センター)に利用される東展示棟は、当初は工事期間の2019年4月1日から撤去の2020年11月30日まで、1年8カ月の休止期間だったのを、今年12月以降も引き続き延長し、2021年の撤去工事完了の日まで使用できないことがわかった。撤去工事完了日の具体的日程は言及されていないが、同様の期間での利用制限となれば、追加で1年間は利用不可となり、利用制約は実質2年8カ月の長期におよぶ。

西展示棟(西全4ホール・29,280㎡)・南展示棟(南全4ホール・2万㎡)、会議棟については、2020年5月6日から9月30日までの約4カ月貸出休止だったが解除。2021年に同様の時期に貸出休止となる。また、青海展示棟(全2ホール・23,240㎡)は2020年7月15日から9月9日までの約2カ月間の貸出休止が解除された(青海展示棟は仮設展示棟のため、2021年以降の貸出については未定)。

東京ビッグサイト全館で約11万5000㎡の総面積のうち、約6割に当たる面積の東展示棟が長期間にわたって利用凍結となる影響は深刻だ。

2020年12月以降に予定していた展示会にはすでに企画・手配・募集を開始しているものも多い。展示会の主催者・支援企業を会員にもつ日本展示会協会では、2020年12月から2021年11月まで東展示棟が使用できなかった場合の損失額を約1.5兆円と試算*している(売上損失の内訳:主催者430億円、支援企業1440億円、出展者1.3兆円)。*日本展示会協会が3/31作成した要望書より。

2020年12月から2021年11月までには、すでに多くの展示会・イベントの予約があり、全館使用の「第30回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2020)」(2020年12月7日~12日)や「東京モーターショー2021」(例年は10月~11月)などの大型展示会も予定されていた。

 

 

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る