Home » MICE » MICE Interview » 「IME2015」開催直前インタビュー 訪日2000万人時代を支える 新MICEコンセプトの発信の場に

「IME2015」開催直前インタビュー 訪日2000万人時代を支える 新MICEコンセプトの発信の場に


観光庁が今年MICE推進の新ブランド“Meeting & Events – New ideas start here”を発表。その最大の発信の場となる「第25 回国際ミーティング・エキスポ(IME2015)」が12 月9 日・10 日の両日、東京国際フォーラムで開催される。今回の見どころをお伝えする

25 年の伝統と新たなチャレンジを

国際ミーティング・エキスポ(以下、IME)は、学会、コンベンション、企業ミーティング、インセンティブツアー、研修旅行などBtoB の会議旅行イベントに関する総合展示会。

観光庁、日本コングレス・コンベンション・ビューロー(JCCB)、日本政府観光局が主催し、国内外の関係者に向けて会議開催施設や観光資源の情報発信、商談機会の機会を提供。2012 年から企画・運営に日経BP 社が加わり、一般企業のイベント担当者に対しても積極的なプロモーションを展開し、認知度も高まっている。今回は120 社・団体が出展。各地域の観光資源、MICE プログラム、などを提案する。

   ――主催の日本コングレス・コンベンションビューロー(JCCB)事務局
丸山高弘さん

丸山さんJCCBIME は日本で唯一のMICE 総合見本市で、1991 年以来25 回の長い歴史があります。多くの自治体・地域ビューローが集まり、日本および地方のMICE 振興と、MICE 最新情報の発信の場となっています。

JNTO 主催のMICE シンポジウムでは外国人ミーテングプランナーやパネリストをお招きし、特に企業のミーティングやインセンティブ担当の方に役立つ情報を提供します。また、ユークベニュー活用法等のMICE 関連の各種セミナーも見どころです。

今回は、JNTO 主催の国際会議キーパーソン招請商談会(通称:Meet Japan) を同時開催し、 欧米を中心とした国際会議関係者が会場を視察し、商談や情報交換できる機会も予定しています。

日本の新しいMICE ブランド”Meetings& Events” の情報発信の場であり、まさしく”New ideas start here” なのです。今年も多くの皆さまのご来場をお待ちしています。

――企画・運営を手がける 日経BP 社 森井一徳さん

森井一徳さん日経BP 日経 BP がIME の企画・運営として参加して4 年目となる今回は、これまでの伝統である国際会議や学会主催者・運営者などとの商談機能を強化しながら、企業イベント担当者に向けても情報発信し、MICE 全体の発展のため

のアピール、機会づくりをお手伝いしたいと思います。基調講演をお願いした前中国駐在特命全権大使の丹羽宇一郎氏の講演はじめ、国際MICE 団体MPI が企画した対談など、さまざまなセッションを通じて多くのアイデアが出会い混ざり合う場になれば、MICE という成長分野の展示会であるIME の価値を向上できると考えています。

具体的には、食とMICE、地方の魅力創生がキーワードになるかもしれません。また広くアジアで人気のゲームの武将キャラによる町おこしなど、弊社が共催として参画している東京ゲームショウで得たアイデアなども盛り込んで、会議開催に関する斬新な話題を提供してまいります。

――「ユニークべニュー活用事例 ~心に残るイベントを創りだすために」をテーマに登壇するPlus One. 代表取締役 小田克文さん

小田さん従来通りのパーティの設えや演出ではゲストを満足させることはできません。ユニークなべニューと演出、サプライズや感動、プラスアルファの付加価値を提供し続けるが成功するMICE においても必要です、その成功事例を運営のノウハウと合わせてご紹介します。

全国のミス

各地から観光関連機関が出展するIME は、全国のミスたちが一堂に会する貴重な機会でもある

<協賛>
株式会社タケナカ

takenaka

 

ガンガラーの谷

スクリーンショット 2015-11-30 5.54.53

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。